SUVからセダンまで!? 新「電動車」を連投でイッキにリード!? プジョーが2023年の車種ラインナップを発表

プジョーは2022年10月4日、2023年からすべての車種に電動車を用意すると発表しました。「2023年は電気の年」とうたっていますが、どのような車種が登場するのでしょうか。

「2023年は電気の年」 EVのみならずPHEVやHV車も用意

 プジョーは2030年までのヨーロッパで電動車の販売を100%にするという目標に向け、2023年からすべての車種に電動モデルを用意すると発表しました。
 

電動車を「連投」!? 電動車市場で一気にリードを図るプジョー
電動車を「連投」!? 電動車市場で一気にリードを図るプジョー

 ヨーロッパ市場ではまず2023年初頭に、SUVモデル「3008」「5008」へハイブリッドのパワートレインを搭載するモデルが登場予定です。

 搭載されるユニットは136馬力を発生する「PureTech」ガソリンエンジンに、電動DCTを組み合わせる新世代のもの。走行中に充電される48Vバッテリーにより、燃料消費量を15%減少させます。

 このハイブリッド技術はステランティスグループで最初に採用され、後に他のモデルへと波及するといいます。

 2023年には新たなEVモデルも登場する予定です。5ドアハッチバックの「E-308」とステーションワゴン「E-308 SW」は100%電気自動車で、156馬力を発生する新型モーターを搭載。航続距離は400km(WLTPモード)のパフォーマンスを発揮します。

 E-308をベースとした、SUVとファストバックをかけ合わせたスタイルを持つEV「E-408」の登場も予定しており、純EVではコンパクトの「e-208」から商用バンの「e-TRAVELLER コンビスペース」まで幅広いラインナップとなります。

 2019年の発売以来、約11万台を販売したというプジョーEVの先駆けモデル「e-208」はE-308と同様、新型モーターを採用。航続距離が400km(WLTPモード)となって登場する予定です。

 プラグインハイブリッドも強化。「308」「308 SW」「3008」「508」に加え、10月17日から7日間開催されるパリモーターショーで新しく「408」がデビューします。

 さらに、水素燃料電池を搭載する商用バン「e-EXPERT Hydrogen」や、パリモーターショーで発表される電動スクーター「e-Streetzone」、電動自転車を含めると、プジョーの電動ラインナップはこれまでにない幅広い展開となります。

※ ※ ※

 今回の発表でかなり幅広く電動車を扱うことになるプジョーですが、日本国内においても今後ラインナップがどう変化し、電動車市場においてプジョーの存在を高められるか、期待が高まります。

【画像】電動「プジョー」はもうこんなに! 日本に導入されているのはどれ? 写真でチェック(15枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー