「覆面パトカー」どうやって“取締り”している? ”追いかける”だけじゃない! 知られざる「3つの取締り方法」とは

悲惨な交通事故を未然に防ぐべく、高速道路などでは様々な取締りが行われています。そんななかでも、意外と知られていない「覆面パトカー」のさまざまな取締り方法について紹介します。

漫然と高速道路を走るドライバーは要注意!

 筆者(オービスガイド 大須賀 克巳)は仕事柄、日本中の高速道路を15年以上走り続けています。
 
 そこで今回は、これまで実際の交通下で見てきた様々な取締り方法のなかでも、意外と知られていない覆面パトカーの取締りについて紹介します。

高速道路での取り締まりでは昼夜を問わず覆面パトカーが日々活躍しています[画像はイメージです]
高速道路での取り締まりでは昼夜を問わず覆面パトカーが日々活躍しています[画像はイメージです]

 日本の高速道路はどこへ行っても良く整備され、とても走りやすいと感じます。

 クルマの性能も年々向上しており、周囲のクルマの多くが制限速度を超えて走行し全体的な交通の流れができるせいで、気付かぬうちに速度超過してしまうケースもあるかもしれません。

 しかしいかなる理由があろうとも、速度違反は重大な事故へ直結するリスクが加速度的に高まる危険な行為であることに変わりはありません。

 こうした事態を未然に防ぐべく、全国の警察は様々な方法で日々取締りを行っています。

 高速道路の取締り方法としては、速度違反自動取締装置(通称:オービス)を設置して計測する方法に加え、パトカーや白バイによる取締りなどを行っています。

 昨今、定置型のオービスはナビアプリでも把握できますし、白黒のパトカーや白バイは道路上でも目立つので、一目瞭然といえますが、その一方で速度違反などに対する抑止効果は極めて高いといえます。

 取締りにはこのほかにも、空からヘリコプターで監視する方法もありますが、とても稀な例といえます。

 そこで大活躍しているのが「覆面パトカー」です。

 覆面パトカーによる速度違反の取締り方法は、大きく分けて3通りあります。

【画像】「えっ!」これが”潜伏中”の「覆面パトカー」です!画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3 4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. むかし、東北道を走っていたときに、SAから無理くりに割り込んできた車があった。あの時は、危ない運転すると思っていて、しばらく走っていたら、覆面PCだと後から分かった。使っていた車があり、違反切符の処理をしていた。でも、本当にあの時、割り込みが下手だと感じた。
    それから、1BOXの覆面PCもあり、これは、駐車違反や一時停止違反を取り締まっていることが多い。白の1BOXが多くて、一見、工事業者の車か何かの配送車にしか見えないが、アンテナが立っているから不自然に感じるからわかる。シートベルトの着用違反でも、呼び込みしたところにいることが多い。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー