マツダ「ロードスター」に歴代最強の「2リッター仕様」登場か! 激速「コンプリートマシン」はいつ発売!? 開発エンジニアに話を聞いた!

マツダはカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」で、2リッターエンジンを搭載した「ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプト」を参考出品しました。ロードスター初の2リッターモデルはどのようなマシンに仕上がっているのでしょうか。

マツダのモータースポーツ活動の知見を活かしたコンプリートカー

 カスタムカーイベント「東京オートサロン2024」でマツダは「ロードスターMAZDA SPIRIT RACING RSコンセプト(以下、ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプト)」を出展しました。
 
 ソフトトップのロードスターで初となる2リッターエンジンを搭載するといいますが、市販化は実現するのでしょうか。

俊足マシンが気になる! マツダ ロードスター「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」[東京オートサロン2024参考出品モデル]
俊足マシンが気になる! マツダ ロードスター「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」[東京オートサロン2024参考出品モデル]

 ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプトは、エクステリアだけでなく、インテリアもビシッと仕上がっており、混雑していたオートサロン2024会場のなかでも、ひと際注目を集めていました。

 そこで同モデルの開発を担当したマツダのファクトリーモータースポーツ推進部の楠 弘隆氏に話を聞きました。

 楠氏は、スーパー耐久参戦車両などの開発リーダーを務めるかたわら、ジムカーナやダートラにも参戦する凄腕のマツダエンジニアです。

「マツダは昨年、スーパー耐久シリーズ ST-Qクラスに、2リッターエンジンのロードスターをベースとしたマシンで第4戦のオートポリスから参戦しました。

 このレーシングカー開発で得られた知見を落とし込んだ姿が、このロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプトです。

 エンジン排気量を1.5リッターから2リッターへアップしたことで、より爽快な走りができるようになりました」

 東京オートサロン2024ではロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプトのほかにも、「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept」という、マツダ3をベースとしたマツダスピリットレーシングブランドのモデルが出展されていました。

 このマツダスピリットレーシングブランドの目的は、マツダのモータースポーツ活動を通じて得た知見を元に、効果があったアイテムを投入したコンプリートカーをお客様へ示すこと。

 サーキットで効果があったアイテムを投入しながらも、ロードゴーイングカーとしての快適性を損なうことがないよう、まとめ上げることにも配慮していると話します。

マツダスピリットレーシングはまた、内外装の質感向上もテーマとしています。

 ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプトでも、専用の17インチホイールやハイグリップタイヤ、専用エアロパーツ(今回のショー向けのワンオフ)や所々に入れた赤いラインなど、アピアランスにもこだわっているとのこと。

 ホイールセンターキャップや、車両後部に装着したマツダスピリットレーシングブランドを象徴する「R」のロゴも特別仕様だそうです。

 内装も、シートにサーキットを想定したロゴ入りのRECARO製専用バケットシートと赤いシートベルトを採用していたり、センターマーク付きのアルカンターラ巻きハンドルやセンターコンソールやドアトリムなど、手が触れる部分にも質感の高いアルカンターラで仕立てています。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ新型「俊足ロードスター」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー