中身は「走り屋」人気の「FRマシン」!? めちゃデカイ「超絶クラシックカー顔クーペ」! ミツオカ「ラ・セード」の意外過ぎる「素顔」とは

1990年5月、ミツオカがリリースした本格的なクラシックカースタイルの「ラ・セード」、実はその中身は、国産の人気FRクーペでした。意外過ぎる成り立ちについて紹介します。

発売後5日で即完売の逸話も! コアな人気を誇った「ラ・セード」

 日産「シルビア」といえば、コンパクトなFRレイアウトのシャシーに流麗なクーペボディを載せたスペシャリティクーペとして登場し、その運動性能の高さからスポーツ走行を楽しむユーザーからも支持を集めて、生産終了から20年以上が経過した今でも高い人気を誇っている1台です。
 
 そんなシルビアはさまざまなカスタマイズカーのベースともなってきましたが、数多くのモデルをリリースしてきた光岡自動車(ミツオカ)もS13型シルビアをベースとしたモデルを制作していました。それが1990年5月にリリースされた「ラ・セード」というモデルです。

この見た目で中身が国産の新車なら「理想系」では!? 写真はミツオカ「ラ・セード」(初代)
この見た目で中身が国産の新車なら「理想系」では!? 写真はミツオカ「ラ・セード」(初代)

「人生=Life、第二の夢=Second Dream」というワードの頭文字から付けられた車名を持つ「Le Seyde(ラ・セード)」。

 第二の人生を、そして飽くなき夢を追い求め、自由を味わいながら長い人生を謳歌するという意味が込められた1台でした。

 シルビアがベースとはいえ、スタイリングはアメリカンクラシックカーがモチーフとも、メルセデス・ベンツ「Kシリーズ」とも言われるほどで、エクステリアでシルビアらしさを感じられるのはフロントウインドウとドア程度。

 ホイールベースは大幅に延長されて3375mmとなり、それに伴って全長も5100mmと、新型「アルファード」をも超える大型サイズとなっていたのです。

 ホイールベースは延長されているものの、エンジンの搭載位置は変更されておらず、ステアリングシャフトを伸ばしているだけで、フレームなどもオリジナルのもので補強はしているものの、シルビアのようなFRらしいハンドリングを楽しむモデルではありません。

 あくまでその雰囲気を楽しむモデルというキャラクターとなっていました。

 そのためか、パワートレインは1.8リッター自然吸気エンジンに4速ATの組み合わせのみとなっており、シルビアに用意されていたターボモデルや5速MTなどは用意されていませんでした。

 このように大幅に変更されたエクステリアに対し、インテリアに関してはほぼシルビアのままとなっており、そのギャップも当時の話題のひとつとなっていました。

 なおラ・セードは、前述したように1990年5月に500台限定でリリースされましたが、当時はバブル景気真っ只中ということもあり、販売開始5日で完売したという逸話も残っています。

【画像】え…! 見た目「クラシック」で中身は「新車」!? 美麗すぎる「ラ・セード」を写真で見る(48枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー