なぜホンダ「ハイブリッド車」ばかり立ち往生? いろは坂や中央道で故障相次ぐ… 公式でも注意喚起する突然停止の理由とは

2022年11月の紅葉シーズンに栃木県日光市のいろは坂でホンダ車の立ち往生が複数発生そして、2023年5月5日には中央道笹子トンネルでも高速道路の本線上で立ち往生しているホンダ「初代ヴェゼル」が2台、相次いで目撃されましたが、なぜホンダ車が突如として立ち往生する事態が起きるのでしょうか。

渋滞解消直後の中央道でヴェゼルが停止、なぜ? ホンダに聞いてみた!

 2023年5月5日朝、中央道笹子トンネル(山梨県大月市)内で発生した9台の玉突き事故による大渋滞が解消した直後、高速道路の本線上で立ち往生しているホンダ「初代ヴェゼル」が2台、相次いで目撃されました。
 
 なぜ突如としてヴェゼルが立ち往生してしまう事態となったのでしょうか。

なぜいろは坂や中央道でホンダのハイブリッド車が突如として立ち往生する事態に発展したのか?
なぜいろは坂や中央道でホンダのハイブリッド車が突如として立ち往生する事態に発展したのか?

 2台のヴェゼルが立ち往生している際の様子について、たまたま近くを通りがかったカーシェアマニアこと朝倉明夫氏は次のように話しています。

「中央道の追越車線と走行車線、それぞれ完全に止まった状態のヴェゼルに2台遭遇しました。

 ここを通る前は大渋滞で停止と発進を繰り返すような時速5キロ以下の状態が続く(、極めて遅い)ノロノロ走行をしばらく続けていました。
 渋滞が解消して事故現場を通りましたが、周囲のクルマはそのヴェゼルを避けて走行していました。

 立ち往生していたヴェゼルの車内まではわかりませんが、車外には人はおらず1台は三角板出ていましたが倒れていましたね。

 私がその場所を通った際は時速50キロくらいでしたが、それ以上にスピード出しているクルマもいました。

 本線上での立ち往生ですから、渋滞が解消され時速100kmキロぐらいで走るクルマが増えてくるとかなり危険だったと思います」

 2022年11月の紅葉シーズンに栃木県日光市のいろは坂でホンダ車の立ち往生が複数発生しましたが、今回のヴェゼルと共通するのは、1モーター・ハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載するモデルということで、同様の原因が考えられます。

 i-DCDとは、エンジンとモーターを組み合わせたホンダ独自のハイブリッドシステムで、マニュアルトランスミッションのような構造を2つのクラッチと高出力モーターによって構成する7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用しているのが特徴です。

 そんな特徴を持つホンダのハイブリッド車(i-DCD)ですが、前述のような渋滞が長引く状況でトランスミッションのクラッチ部分に熱負荷がかかることで、安全機能が働いて止まることが理由だと言います。

 なお、i-DCDを採用しているホンダ車は、「3代目フィット 型式:DAA-GP5, DAA-GP6」、「初代ヴェゼル 型式:DAA-RU3, DAA-RU4, 6AA-RU3, 6AA-RU4」、「グレイス 型式:DAA-GM4,DAA-GM5」、「ジェイド 型式:DAA-FR4」、「シャトル 型式:DAA-GP7,DAA-GP8,6AA-GP7,6AA-GP8」、「2代目フリード/フリード+ 型式:DAA-GB7, DAA-GB8, 6AA-GB7, 6AA-GB8」です。

ホンダのハイブリッド車(i-DCD)は構造上の安全機能としてトランスミッションが高温になると停止する仕組みだという
ホンダのハイブリッド車(i-DCD)は構造上の安全機能としてトランスミッションが高温になると停止する仕組みだという

―― 突然クルマが止まってしまうことの予防はできますか? どんなことに気を付けて運転すればよいでしょうか?

 お客様には坂道発進、長時間の渋滞など時速4キロ前後で長い間走行している状況では、特にブレーキを確実に踏んで発進・停止をしていただくことに気を付けていただきたいと考えます。

 理由としては、仮にお客様が停止時にブレーキではなく、アクセルのみで発進・停止を繰り返す(アクセルを緩く開け続ける状態= 半クラッチのような状態)と、車両のトランスミッションにかなり負荷がかかり高温になってしまうからです。

―― 立ち往生しそうになったらどのような対応をすればよいでしょうか?

(アクセルを緩く開け続ける状態=半クラッチ走行状態)が長く続くと徐々にクラッチ温度が上昇し、温度が高くなると、 ディスプレーに「トランスミッション高温:安全な場所に車両を停車してください」という警告が出る設計になっています。

 このような警告が出たらまずは、車両を安全な場所に停車してください。

【画像】これが表示されたら…どうする? 突如として止まる前に表示される画面を写真で見る!

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

11件のコメント

  1. vwと同じでDCTとか言いう悪評高き欠陥トランスミッションが根本原因です。平気で販売してるホンダはアホですか?自分の身内がクソホンダ車に乗ってて高速で突然停止したらどう感じる?よく考えて販売しろ!

    • 欧州車のVWが採用するのはまだ分かるけど、渋滞とストップ&ゴーが多い日本市場と相性の悪いDCTをフィット系列に採用したのは悪手だったよなぁ…
      というかDCTは大衆車向きのミッションでは無いね、スーパーカーやスポーツカーで真価を発揮するやつだ
      だからホンダも次世代ではCVTのe:HEVにシフトさせたんだろうけど

    • まさに今日、いろは坂でやられた。2度も高温のため走行できなくなりました。2度目はいきなりエンジンがガクガクして停止してしまいまい、びっくりしました。
      今回登り切るまでに8台くらい停止した車がいましたが、その内の6台はヴェゼルでした。本当に何とかしてほしいです。

    • 私は初代ヴェゼルに乗っていて昨日、中央道の恵那山トンネル手前の渋滞のなか止まってしまいました。その手前にはfitと私と同型のヴェゼルも止まっていました。ホンダ車ばかりで変だなと思い調べてみたらこんな事だったとは❗️まだ同じようなエンジンをフリードで販売し続けているホンダの姿勢がまったく理解できません❗️ちなみにディーラーで見てもらっても異常なしの診断。まあ予想どおりの返答。該当車種の皆様くれぐれもご注意を。

  2. 先週末の箱根の大涌谷へ向かう上り坂で、駐車場待ちの渋滞にはまったFIT3HVがボンネット開けて停車してました。あぁやっちゃったんだと思ってしまいました。同じFIT3HV乗りとしてはちょっと悲しく思います。DCTが乾式クラッチだってわかっていて、尚且つ半クラッチ状態を減らすように意識して操作すれば(例えばSモードを使ったり、車間が空いてから進んだりなど)、渋滞の坂道でも大丈夫だと思うんですがね…。私のFIT3HVは紅葉時期のいろは坂渋滞も大涌谷駐車場待ち渋滞でも高温異常などなく登りました。

    • もうクルマ自体をユーザーがどうこうする時代はとうに終わってるんですよ。大衆車は大衆車なりに諦めて低速モードの自動運転を充実させるか速やかに強制冷却する仕組みにしてくださいよ。

    • 引き渡す時に重要説明事項として
      伝えるべき事柄かもしれませんね。
      そして もっと低い温度から三段階で警告するべきだと思いますね。

  3. 半クラッチのやり過ぎでクラッチ板を熱意ダレでダメにするのと同じだからねえ。
    クラッチを意識して運転してるオーナーなんて稀でしょうし、AT限定ならクラッチなにそれ?だろうし。
    昔はクラッチ板ダメにしたら運転が下手くそなだけだろ、で済んだけど、今は欠陥車扱いだろうね。

  4. i-DCDの中古車を買う時は要注意だな…
    いや、長く乗るならe:HEVの中古車を選んだ方が良いな

  5. やっぱり車はトヨタじゃないとだめだな
    他メーカーはすぐ故障する
    車と言えない

  6. 信号待ちの度にシフトをPに入れる人や、
    エンジンの暖気だけ気にして突っ走るやつ など 車のいたわり方や使い方が間違っている人が多い。何度かFITのワンモーターハイブリット(リコールの常連)に乗ったことがあるけど、キビキビ走ってHONDAらしい良い車だと思った。 車の特質やクセを知りながら長く乗るのも 愛車との良い暮らし方だと思う。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー