「ソニーの車」実現へ加速!? 自動車メーカーと異なる「ソニー流アプローチ」とは? 家電メーカーの参入相次ぐ?

CES2022で公開されたSUVタイプのEV試作車「VISION-S 02」(左)と公道走行試験等を展開しているプロトタイプ「VISION-S 01」(右)
公道テストを開始したソニー「VISION-S」
ソニーが公道試乗を開始した試作車「VISION-S」(画像:ソニー公式ウェブサイトより)
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーの試作車「VISION-S」
ソニーが公道試乗を開始した試作車「VISION-S」(画像:ソニー公式ウェブサイトより)
CES2022で世界初公開されたソニーのSUVタイプEV試作車「VISION-S 02」

記事ページへ戻る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 基本的な技術はデジカメやウォークマン、ハンディービデオですべて把握しているのだが?
    電池やモーター制御だってテープを回したり、ピントをあせたりにも使っている。
    自動運転の基礎的な技術もデジカメのスマイルシャッターがあるわけで発展させて応用するだけとも言える。
    後は商売になるかの話で、EV車をアフリカのど真ん中で売れるわけでも無いし、そもそもインフラがない訳でターゲットというか基本的な販売網そもそもを持っている地域は、基本的にインフラが整っている場所。
    トヨタみたいな世界中で売るわけではなく、レクサスみたいな限定したところで商売することになるだろし、先日のトヨタの会見でレクサスは100%EV化ということにもつながるのでは?
    後が手持ちの技術をどこまで発展できるか?の勝負。
    ハードルが高いことは確かだが、実際には言うほどハードルは高くないのでは?