バブルで輝いた「シーマ」のいまは? 初代と最新モデルの違いとは

初代日産「シーマ」
初代日産「シーマ」
初代日産「シーマ」のインパネまわり
初代日産「シーマ」の内装
初代日産「シーマ」に装着されたオプションの自動車電話
初代日産「シーマ」に搭載されたVG30DET型エンジン
2代目日産「シーマ」
2代目日産「シーマ」
3代目日産「シーマ」
3代目日産「シーマ」
4代目日産「シーマ」
4代目日産「シーマ」
走行性能と環境性能を高い次元で両立した現行の5代目「シーマ」
5代目日産「シーマ」
5代目日産「シーマ」のインパネまわり
5代目日産「シーマ」に装着されたリアエンターテイメントシステム
バブルというビッグウェーブを見事に捉えた初代「シーマ」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 実はシーマの本領は二代目からなのですが何かと初代が売れ行きの面で印象が強いですよね、二代目シーマに搭載されたVH41DEはインフィニティQ45のVH45DEの縮小版ではなくシーマ用に新たに設定されたエンジンで僅か100ccで税制面では不利ではあるが100ccプラスの意味を実感できるエンジンで実用トルクはセルシオの1UZより上で、妙に音を封印しなかったことでV8特有の振動感共に心地良くシーマに似合ったエンジンだったことを思い出しますね。
    また日産はフーガにVH45を載せたグレードで過ちの傷に塩を塗りますが実に悲しいセドリック系の結末ですね。
    私もトヨタの1UZはクラウンのロイヤルサルーンGに搭載された1UZは好きなのですがセルシオやマジェスタとソアラの1UZはアクセルワークに鈍感なので大嫌いでしたね。
    更にVVTi化された1UZや排気量が増えただけで非力な3UZは論外でした。

  2. 二代目シーマに乗っていました。そのあとはMT車に乗りたくなり、BMW E39M5に乗り換えてもう二十年以上経ちました。シーマ現象を生み出した初代シーマ、セドリック、グロリア、シルビア、Z、初代GT-R、、、この頃の日産は輝いていましたね!インフィニティQ45がグリルレスで超不評でセルシオとの差が大きくついて、日産凋落への転換点になった気がします。