新型セレナe-POWERは弱点が見つからない 加速感あり、燃費良し、自動ブレーキも世界トップ

ついに日産の新型セレナにハイブリッドモデルが登場しました。その名も「セレナe-POWER(eパワー)」。日産のコンパクトカー「ノート」に初搭載され、大人気となっている日産のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載した新型セレナはどんな走りを見せてくれるのでしょうか。

新型セレナのフルハイブリッド車は充電しないEV「e-POWER」搭載

 日産の新型セレナにハイブリッドモデルが登場しました。その名も「セレナe-POWER(eパワー)」。「e-POWER」を搭載した新型セレナe-POWERの公道試乗する機会がやってきたので、早速試乗してみました。

日産 新型セレナe-POWER 公道試乗(撮影:和田清志)

 ブレーキペダルを踏み、スタートボタン押すとエンジンはかからずに、走行可能なスタンバイが完了。一般的な電気自動車(EV)やハイブリッド車と同じく、何の音もしません。

 シフトレバーをDレンジにセレクトし、ゆっくりアクセルペダルを踏むとモーターの動力だけでクルマは動き始めます。タイヤが2~3回転したタイミングでエンジン始動して発電を開始します。

 セレナe-POWERに搭載されるエンジンは100%発電だけに使い、作った電気でモーターを回します。したがって速度が上がり、必要な出力も高くなれば、普通のエンジン車のように回転数も上がっていきます。アクセルを全開にすれば、エンジンも全開で発電機を回しにいきます。

 大半の回転域でエンジン音は気にならないレベルでしたが、唯一ゆっくり走っているときのみ気になりました。

 速度が上下してもエンジン回転数は同じ。これまで普通のエンジン車に乗っていた方は、少し違和感があるかもしれません。

 逆にセレナe-POWERに乗っていて「あれ?」と感じたのは、この速度域だけと言っていいです。普通に走っているかぎり、特殊なシステムだという感覚もありません。

「ハイブリッドシステムとして、とても良く出来ている」と言い換えてもよいでしょう。

日産 新型セレナe-POWERのカーナビ下部にある『マナーモード』と『チャージモード』スイッチ(撮影:和田清志)

 また、深夜や早朝など自宅付近でエンジン音を出したくない場合など、任意で『マナーモード』を選べば、モーターだけで1km少々走ることが可能(モーターのみの走行距離はバッテリー残量で変わります)です。

 事前に『チャージモード』を選び、走行用バッテリーへ電気をためておくことにより最大で2.7km程度まで、エンジンを回さずにモーターだけで走ることができます。

 そういった使い方をするケースは少ないでしょうから、セレナe-POWERの「余興」のようなものだと思ってもらえばよいでしょう。

この記事の画像をもっと見る(67枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事