24年GWの「高速道路渋滞」後半4連休が“激コミ”の予想! どの車線が早く進む? 一般道への迂回は逆効果ってホント!?

コロナ禍の影響からすっかり脱却し、2024年のGWは高速道路が渋滞が完全に復活することが予想されています。大渋滞にハマってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

GWの高速道路渋滞 回避する方法は?

 NEXCO各社から、2024年のGW期間中の渋滞予測が発表されました。2020年以降のコロナ禍の影響から脱却し、例年らしいGWの混雑ぶりが予想されています。
 
 NEXCO東日本によると、前半の4/27~4/29の3連休より、後半の5/3~5/6の4連休のほうが渋滞は激しくなると予測。
 
 関東における下りのピークは5/3の東北道・羽生PA付近で最大40km、上りのピークは5/5の関越道・高坂SA付近で最大40kmの渋滞が発生すると予測されています。

GWなどの長期休暇で発生する高速道路の渋滞
GWなどの長期休暇で発生する高速道路の渋滞

 また常磐道・友部JCT付近は、別名「ネモフィラ渋滞」と呼ばれる局地的な渋滞発生も予測されるなど、人気観光地周辺は断続的に渋滞が発生しそうとのこと。

 その影響もあって、NEXCO東日本だけでもGW期間中の10km以上の渋滞発生予測は125回(2023年は97回)となっているので、複数の渋滞に巻き込まれる可能性は高そうです。

 NEXCO中日本によると、下りのピークは5/3の東名・秦野中井IC付近で最大45km、上りは5/5と5/6の東名・綾瀬SIC(スマートインターチェンジ)付近で最大30kmの渋滞予測となっています。

 NEXCOでは渋滞回避術として、5/3は夕方17時以降、5/5は6時~10時あたりの午前中の移動を推奨しています。

 渋滞が予測される時間帯を外して高速道路を利用することで、少しでも移動するクルマの分散を促しているとのこと。

 なお、GW期間中(4/26~5/6)はETCの「休日割引」は適用されず、平日と同じ料金設定になります。

 渋滞が発生しやすい箇所はすでに特定されています。

 まず渋滞が発生しやすい箇所として有名なのが「サグ」と呼ばれる箇所。下り坂と上り坂が連結している箇所を指しています。

 これは、ドライバーが勾配の変化に気づかず速度が低下していても同じアクセル開度で走り続けた結果速度が落ちて後続車との車間距離が詰まり、後続車がブレーキを踏んで、それがさらに後ろのクルマへと連鎖して渋滞が発生するといいます。

 ほかにも渋滞の要因とされるのが、「短い車間距離」です。車間距離が短いとちょっとした減速でも追突事故になるなどトラブルに発展しやすく、「あおり運転」と捉えられかねません。

 こういった事態を防ぐ意味でも、高速道路はスピードや車間距離を一定に保つ意識を持つことが重要です。

 もうひとつ、渋滞の原因となるのが「渋滞中の無駄な車線変更」です。渋滞にハマってしまうとあまり意味はないのですが、少しでも早く走りたい心理が頻繁に車線変更させてしまうのだとか。

 ただ皮肉なことに、「追い越し車線」のほうが渋滞の発生率は高いのだそう。車線変更することで後続車が前に進めず、結果として渋滞にまで発展する可能性も高いので、むしろ左側の「走行車線」をキープしていたほうが渋滞を早く通過できる可能性が高いことも覚えていて損はないと思います。

 高速道路が渋滞したときに気になるのは、そのまま高速道路を行くべきか、下道を含む迂回ルートを選ぶべきかということでしょう。

 その日の交通状況にもよりますが、同じ渋滞にハマるなら高速道路に乗り続けたほうが迂回ルートよりも早く到着する確率が高いとされています。

 これは、渋滞しているとはいえ高速道路は自動車専用で目的地まで最短で向かうわけで、信号や交差点などさまざまな渋滞ポイントがある一般道のほうがさらに時間がかかってしまうからです。

※ ※ ※

 万が一の大渋滞に備えて、長時間のクルマに“カンヅメ”となっても耐えられる準備はしておくべきです。

 飲料や食料、携帯トイレなど、いざというときのために備えておくと、渋滞に巻き込まれても少しは安心できるのではないでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが激レアな「道路情報板」です! 画像を見る(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. >ただ皮肉なことに、「追い越し車線」のほうが渋滞の発生率は高いのだそう

    というか、渋滞時に「追い越し車線」を走るって、違法な上に人間の屑の自己中だよね。
    走行車線で前を走る車は渋滞で遅いんだから、正当な追い越しができる状況ではない。渋滞時に前の車を追い越すために「追い越し車線」にはいるって、とてつもない屑じゃん。
    「追い越し車線」にはいったあと「走行車線」にもどるんだよね。当然、前をはしっていた車の前に割込みたいんだよね(また同じ車の後ろに入るなら全く無駄だし、もし「引き離されたい!」ならあたまがおかしい)
    通行帯違反の上に、自己中な追い越し。さらに渋滞時の場合、緊急車両がまともにはしれなくなるというおおきな問題が発生する。自己中の屑たちがいなければ100キロではしれるのに、徐行しないと危険になるのが現状なんだよね…。結果、搬送がおくれ下手すれば人がしぬんだけどね。
    前の車を1台でもいいから追いこしたい!違法だろうが、間接的に人が死のうがどうでもいいじゃんwwwって、あまりにも自己中だよ。
    しかもとうぜん車線変更が2回はすることになるから、渋滞の悪化にもなる。走行車線の流れを乱す主な原因は、「追い越し車線」からの割込みなんだよね…。身勝手な割り込みがなければ、走行車線は停車することなくながれていくのにさ。

  2. >ドライバーが勾配の変化に気づかず速度が低下していても同じアクセル開度で走り続けた結果速度が落ちて後続車との車間距離が詰まり、後続車がブレーキを踏んで

    「運転免許を返納したほうがいい超ド下手くその後続車」がブレーキを踏んでってのがただしいのでは?

    勾配の変化に気づかず速度低下もどうかとは思うが、「前を見て居ればわかる」前車との接近や前車の速度低下に、ずっと気づかず、危険になってからブレーキを踏むって、運転しちゃアカンレベルでしょ。
    普段から、まともな車間距離をとる運転をまったくしていないんじゃないのか。
    だいたい勾配の場合、車の性能によってはアクセルベタ踏みでも速度低下することがあり、運転が下手が原因ではない場合もあるんだよね。車間距離のつめすぎは、運転が下手なだけだが、速度低下はかならずも運転技術だけの問題ではない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー