トヨタ新型「最速ハッチバック」登場! 爆速「300馬力超え」×「8速AT」搭載の「“エボ”モデル」! 新型「GRヤリス」は何が変わった?

2024年3月21日、TOYOTA GAZOO Racingはスポーツモデル「GRヤリス」の一部改良モデルを発表しました。「ドライバーファーストのクルマづくり」を実施し、モータースポーツ現場などからの意見を反映し進化させたといいます。どういった点が変わったのでしょう。

ラリードライバーなどからの意見を反映した「進化型GRヤリス」登場

 トヨタとTOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は2024年3月21日、スポーツモデル「GRヤリス」の一部改良モデルを4月8日から発売すると発表しました。
 
 2020年に登場したGRヤリスですが、今回登場する新型では、TGRのモータースポーツ参戦などの知見を反映して大きく進化したといいます。旧モデルと比較しながら、新型の改良点を紹介します。

めちゃ“進化”した! トヨタ新型「GRヤリス」
めちゃ“進化”した! トヨタ新型「GRヤリス」

 GRヤリスは、マスタードライバー“モリゾウ”ことトヨタ自動車 豊田 章男会長の「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いのもと、トヨタでは初の取り組みとなる「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発されたモデルです。

 WRC(世界ラリー選手権)参戦を通じて学んだ競争力あるクルマづくりや、プロドライバーによる評価などを通じ、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ「誰もが安心して意のままに運転できる」クルマとして誕生しました。

 車名が表す通り、コンパクトカー「ヤリス」のデザインやパッケージを基本としていますが、中身は全くの別物となっています。

 新開発された1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボ「G16E-GTS」型エンジンに6速MT、多板クラッチによる前後駆動力可変システムを採用した新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を組み合わせ、「空力、軽量、高剛性」を追求した車両パッケージとしました。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mm、ホイールベース2560mmで、形状は3ドアハッチバックです。

 5ドアハッチバックのヤリス(日本仕様)が全長3950mm×全幅1695mm×全高1495mm、ホイールベース2550mmなので、よりワイド&ローなフォルムが数値からもわかります。

 グレードは、「RZ」と競技車両ベースの「RC」に加え、前後のディファレンシャルにトルセンLSDを備え、BBS製鍛造アルミホイールとミシュラン製「Pilot Sport 4Sタイヤ」を組み合わせより限界性能を高めた「RZ“High performance”」を設定。

 さらに気軽に走りを楽しめる仕様として、1.5リッター自然吸気・FF・CVTの「RS」グレードも用意されました(※ただし今回の商品改良でラインナップ廃止)。

 今回登場した新型GRヤリスの改良点についてTGRは、「ドライバーファーストのクルマづくり」を実施したと説明します。

 TGRが様々なモータースポーツへの参戦を継続するなか、極限の環境で「壊しては直す」を繰り返し、プロドライバーや評価ドライバー、モリゾウ氏からのフィードバックを反映したといいます。

 数々の実戦において車両を限界まで追い込んでくれたドライバーへ「壊してくれてありがとう」を合言葉に、失敗しながらチャレンジし、パワーユニットはもちろん、ボディや内外装などにも意見を反映し、車両性能を総合的に向上させました。

 なおプレスリリースなどでは「新型」「マイナーチェンジ」「一部改良」といった表現は使われず「進化型GRヤリス」と表記されています。

 この新型GRヤリスでは、「幅広いドライバーがスポーツ走行を楽しめ、レースでMTと同等に戦えるAT」を目指し開発した8速ATの「GAZOO Racing DirectAutomatic Transmission(以下、GR-DAT) 」を追加設定した点が大きなニュースです。

 多段化・クロスレシオ化とともに、スポーツ走行用に最適化したAT制御ソフトウェアを搭載し「ドライバーの意思を汲み取るギア選択」を可能にしました。

どこが変わった!? 新旧「GRヤリス」を比較![上:進化型「GRヤリス」/下:2020年登場時の「GRヤリス」]
どこが変わった!? 新旧「GRヤリス」を比較![上:進化型「GRヤリス」/下:2020年登場時の「GRヤリス」]

 加えて、コックピットを「高い運動性能を実現するための重要な要素」として捉え、プロドライバーとともに「ドライバーファーストなコックピット」を追求し、インパネまわりのデザインを一新しました。

 ドライビングポジションを見直すとともに、スーパー耐久シリーズ参戦車および全日本ラリー参戦車をモチーフに、操作パネル・ディスプレイをドライバー側へ15度傾けて設置したほか、ハーネスで体をシートに固定した状態でも使いやすいスイッチ配置とするなど、視認性と操作性を進化させています。

 また、モータースポーツ参戦を考慮した「縦引きパーキングブレーキ」をRCグレードに新設定しました。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「爆速4WDスポーツカー」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー