2023年に「消えたクルマ」何があった? 「約半世紀」に幕を閉じたモデルも… 惜しまれつつも販売終了したモデルとは

2023年も多くの新型車が登場しました。しかし、その裏には惜しまれつつも販売を終了したクルマも多くあります。そのなかから5モデルを紹介します。

2023年も多くのモデルが販売終了に…

 話題のニューモデルも多く登場した2023年ですが、登場するクルマがあれば消えていくクルマもある……ということで、今回は2023年に日本国内での販売を終了した5モデルを振り返ってみましょう。

人気モデルも2023年で消滅
人気モデルも2023年で消滅

●トヨタ「カムリ」

 2023年末をもって日本向けの生産終了がアナウンスされている、トヨタのミドルセダンである「カムリ」。

 すでに海外向けの新型の情報も出てきているだけに残念なところですが、国内のセダン需要の冷え込みを考えると致し方ないところかもしれません。

 カムリ自体は1980年にセリカの4ドアセダン版として「セリカ・カムリ」名義で登場して以来、43年に渡って生産販売が続けられました。

 2011年に登場した先代モデルからはいち早くハイブリッド専売車とし、現行型ではスポーティな「WS」を投入するなど、なんとかカムリ人気を立て直そうとしていましたが、それも及ばず終売ということになってしまいました。

●ダイハツ「ムーヴ」

 1995年に初代モデルが登場し、軽のトールワゴンとしてスズキ「ワゴンR」と人気を二分する勢いで販売台数を伸ばした「ムーヴ」。

 現在の軽自動車の人気の主流が「タント」やホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」といったスーパーハイト系に移ったことで徐々にその販売台数を減らしていました。

 通算6代目となる現行型も2014年に登場して以来、改良を続けながら販売を続けていましたが、2023年6月に生産を終了し、現在はダイハツのラインナップから消えてしまっています。

●トヨタ「C-HR」

 トヨタの次世代世界戦略車として2016年に新規車種として登場した「C-HR」。

 クロスオーバーSUVでありながら、ドイツのニュルブルクリンクを走り込むなど、運動性能にこだわって開発されたモデルとなっており、TNGAプラットフォームを採用した2番目の車種となっていました。

 パワートレインは1.8リッターのハイブリッドと1.2リッターターボで、2019年10月のマイナーチェンジ時にはターボモデルに6速MTが追加されたことで話題を集めたのも記憶に新しいところです。

 欧州では2代目となる新型C-HRが発表となっており、日本でも決して不人気車種ではありませんでしたが、「ヤリスクロス」に「カローラクロス」、「RAV4」と小型~中型のクロスオーバーSUVのラインナップがすでに充実していることから、新型C-HRは日本で販売しないという判断がとられたようですが、旧型オーナーにとっては残念なニュースと言えるかもしれません。

【画像】「えっ…」 これが「2023年に消えたクルマたち」です!(76枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー