トヨタ新型「クラウン」に新シリーズ登場! 新型「セダン/スポーツ」は「クロスオーバー」とどう違う!? 異なるキャラクターとは

トヨタの新型「クラウン」シリーズのなかで第2、第3のモデルとなる「クラウンスポーツ」「クラウンセダン」に試乗しました。先行発表された「クラウンクロスオーバー」との違いや独自のキャラクターについて紹介します。

新型クラウンセダン/スポーツの出来をクロスオーバーと徹底比較

 待ちに待った、新型クラウンシリーズ第2、第3のモデルである新型「クラウンセダン(以下、セダン)」と「クラウンスポーツ(以下、スポーツ)」の公道試乗会に参加しました。
 
 先行発売されている「クラウンクロスオーバー(以下、クロスオーバー)」との走りの違いはどうなのか、とても気になるところです。

4つのラインナップを展開する新型「クラウン」シリーズ! 各モデルに明確な「味の違い」はあるのか[写真はトヨタ新型「クラウンスポーツ」]
4つのラインナップを展開する新型「クラウン」シリーズ! 各モデルに明確な「味の違い」はあるのか[写真はトヨタ新型「クラウンスポーツ」]

 時計の針を少し戻せば、 2022年7月に実施された16代目クラウンのワールドプレミアでは、クロスオーバー、セダン、スポーツ、エステート(クラウンエステート)という4車系同時発表に対して、詰めかけた報道陣はもとより、日本と世界のユーザーが度肝を抜かれました。

 さらに、クラウンはグローバルカーとしても生まれ変わりました。

 これまで、日本以外の一部の国や地域で販売されたことがありましたが、実質的には”ほぼ日本市場向け”だったクラウンにとって、16代目は大きな転機となったのです。

 そうしたなか、2022年9月より先行発売された直近でクロスオーバーの国内販売は好調です。

 日本自動車販売協会連合会によれば、2023年10月単月では3132台、また4~9月の販売総数は1万8067台であり、上級車として販売は成功していると言えるでしょう。

 さて、今回の試乗の舞台は横浜です。

 試乗車は3モデルあり、セダン・ハイブリッド、スポーツ・ハイブリッド、そしてセダン・FCEV(燃料電池車)の順でそれぞれ、首都高速と一般道路で1時間走行しました。

 実はこの試乗会の2週間前、筆者(桃田健史)はトヨタ本社からクロスオーバー「RS Advanced」を借りて、東京から愛知県豊田市のトヨタ本社などを巡る、約1200kmに及ぶ独自取材をしています。

 そのため、今回の3モデル試乗が比較的短時間でも、クロスオーバーとの対比をしっかりできたものと考えています。

 では、試乗した3モデルを順に見ていきましょう。まずはセダン・ハイブリッドから試します。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「クラウン」シリーズを画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2 3 4

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. カムリファミリーが増えるよやったね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー