なぜ「燃費極悪スポーツカー」に日本人が熱狂!? 1025馬力×V8搭載の「時代逆行車」に“称賛の声”が殺到した理由とは

現在国内で展開される新型車は、脱炭素や環境保護の観点からも「エコカー」が主流となっています。しかし海外では「全く別世界」と言えるような、とてつもなく「燃費の悪い」スポーツカーが誕生していました。

まさかの「称賛」殺到! なぜ日本人が熱狂?

 現在国内で展開される新型車は、脱炭素や環境保護の観点から低燃費性能や低排出ガス性能を高めるために、電動車やハイブリッドカーなどの「エコカー」が主流となりつつあります。
 
 しかし海外を見ると、そんな感覚とは全く別世界と言えるようなとてつもないクルマが誕生していました。

これが最後! HEMIを搭載したダッジの新型「チャレンジャー SRTデーモン170」
これが最後! HEMIを搭載したダッジの新型「チャレンジャー SRTデーモン170」

 そのクルマは、2023年3月にアメリカの自動車ブランド「ダッジ」が発表した2ドアクーペ「チャレンジャー」のハイパフォーマンスグレード「SRTデーモン170」。

 SRTデーモン170は「1025馬力」という途方もないパワーを発揮するいわゆる「マッスルカー」の一台です。

 その恐ろしい出力と世相に逆行するような燃費性能は「北米の一般的なシャワー流水量よりも多い、1時間に約621リットルものガソリンを消費できる」というダッジの説明からもうかがえます。

 SRTデーモン170は強力な量産内燃エンジン「HEMI」を搭載する最後のダッジ車となる特別なモデルで、わずか1.66秒で時速60マイル(約100キロ)に到達。さらに量産車では最強となる2.004GものGフォースを発生させながら、尋常でない加速を実現します。

 この加速力を生み出すためパワーユニットには6.2リッターのHEMIエンジンに加えてスーパーチャージャーを搭載。組み合わされるトランスミッションは8速ATで、駆動輪は後輪のみというマッスルカーの流儀に則った構成です。また、1025馬力の最高出力を発揮するには高エタノール燃料の使用が必須となります。

 ダッジはSRTデーモン170を、100年以上にわたる同ブランドの歴史で最速の生産車両として、発表に際し「世界で最も速く、最もパワフルなマッスルカー」と呼びました。

 このSRTデーモン170の価格は9万6666ドル(約1281万円)。単純に比較はできませんが、2005年に初めて1000馬力を超える最高出力1001馬力のハイパーカーとして世に誕生したブガッティ「ヴェイロン」の車両価格が125万ドル(約1億7194万円)だったことを考えると、SRTデーモン170のリーズナブルさは際立っていると言えます。

【画像】世界最強のマッスルカー! ダッジ新型「SRTデーモン170」を見る(47枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー