日本車は今後みんなEVになるの? ガソリン車やFCVではダメなの!? 大事なのは2極論ではなく「競争原理」だ

2050年のカーボンニュートラル実現に向け、急世界的なEV化の流れが急激に進んでいます。これを受け日本では「EV推進派」と「慎重派・懐疑派」の間で真っ二つの論争が勃発。しかし自動車評論家の国沢光宏氏は「どちらも視野が狭い」と一刀両断します。いったいどういうことでしょうか。

「EVしか勝たん!」の猛烈推進派と「欧米の陰謀だ」と叫ぶEV否定派…どっちも「視野が狭すぎる!」

 ここにきて、EVに代表される環境にやさしい自動車についてさまざまな論調が出てきた。
 
「日本はEVシフトしないと死ぬ」という推進派もいれば「EV戦略は欧米の日本車潰し」という陰謀論を唱え、安易なEV作りに赤信号を出す人達もいる。果たしてどうなのか。
 
 BEV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、ディーゼル車、純ガソリン車をすべて所有し、長所・短所を日々考えている立場から考察してみたい。

トヨタ 新型BEV(電気自動車)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」
トヨタ 新型BEV(電気自動車)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」

 まず極端な論調の人達の主張をじっくり考察すると、皆さん長くて5年、短い人だと現在で評価している。

 考えて頂きたい。エンジン搭載車の販売が出来なくなるまで欧州と日本で10年+α。アメリカや新興国はプラス10年。さらにカーボンニュートラルのゴールは2050年であり、あと27年もある。

 10年前に現在の技術レベルをイメージすることが難しかったように、2035年の予測は困難。

 参考までに10年+α前といえば、リチウムイオン電池搭載の量産電気自動車など存在せず。太陽光パネルの生産量も日本が世界No1だった。

 欧州市場を見ると、ディーゼル車が悪の代表になるなんて誰も考えないほどシェアを増やしていた時期。

 27年前の1995年といえば、インターネットさえ黎明期です。スマートフォンが世界中に普及するなんてことを予想出来た人は皆無かと。

 といった観点でEV肯定派やEV否定派の文章を読むと、そこにサイエンスなどまったく無く、今日の不満をあげつらうのみ。

 EV否定派の典型的な「EVダメ!」の根拠を見てみよう。

1.電池を作るのに二酸化炭素を出す

2.すべて電気自動車になったら電力不足になる

3.電池を作るリチウムなどが足りない

4.モーターを作るレアメタルを一部の国に独占されている

5.集合住宅で充電出来ない

 なるほど、すべて現在から10年先くらいまでで考えたら「その通り!」。けれどカーボンニュートラルの原点は、エネルギー問題でもある。

 エネルギーがカーボンニュートラルになったら、電池を作るエネルギーも二酸化炭素を出さない。

 電力不足説は笑うしかない。明日からすべて電気自動車に切り替わるワケじゃありません。

 発電問題はこの先27年掛けて少しずつ、電気自動車の比率が増えていく間に対応すべきこと。

 日本でいえば、24時間稼働させるベース電源は、原発推進派にブレーキ掛けられている地熱発電になるだろうと予想する。

 となれば、夜間も余剰電力で電気自動車くらい簡単にカバーできる。

 リチウムやレアメタルも、素材技術が進歩する可能性大。テスラのモーターにはレアメタルが使われていない。日産 アリアのモーターもレアメタル使われておらず。

 集合住宅の充電インフラは、国が本気で音頭を取ったらすぐ出来る。

【画像】エコカーのゆくえはどうなるの!? 2022年に登場した最新BEVを写真で見比べてみる(28枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

スバル 新型BEV(電気自動車)「ソルテラ」
トヨタ 新型BEV(電気自動車)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 電力不足説は笑うしかない。明日からすべて電気自動車に切り替わるワケじゃありません。←その通り。国さんたまには良いこと言うねえ。。。明日から全てEVに代わってもいつも充電しているわけじゃない。稼働率の低さが自動車。ほとんど停まっている。
    だから、蓄電池として使える。
    我が家は、9㎾hの太陽光発電システムとV2Hとリーフ アウトランダーPHEV。ガソリン車も2台有る。
    で、1ヶ月の実績が概ね1000㎾hの発電量。
    PHEVは毎日10㎾h×22日+休日分含んでも300くらい。リーフは家内のセカンドカーで一日5㎾h程度。
    150㎾h。我が家の生活パターンでは夜間のベース電源で、車を動かして、日中のピーク負荷でお返しする。
    曇天はどうするのかは課題だが、家内のリーフをe+にすれば終日夜間のベース電源でピーク負荷の対応は可能。
    今年V2HとEVの実証実験が始まっている。当方V2Hを2台申し込んだ。半額補助。これで全国でデータを取るらしい。
    有効に使って欲しい。EVを車としてみるか社会インフラとして見るかで変わると思うね。
    集合中住宅の人達は、その恩恵にあずかれないが、普及すれば充電インフラのない集合住宅は買い手がつかないから普及するだろう。チョット長い目で見れば問題ない。1㎾h当たり6000円の努力目標が達成できればガソリン車なんて高い物買わなくなるだろうし。

  2. まったく何を言いたいのか結論無き持論ですよね。
    全てが風評を集めただけの解釈
    絵に描いた餅であり、
    数的根拠が何もない無責任論だよ。

    先ず車両コストが同等にはなり得ないから生産も販売も行き詰ってる訳ですよ
    現状では同等のコストで同等の性能を満たすのは無理だ、
    補助金だのみでは如何ともしがたい
    それこそ持続可能な社会インフラ足りえないよ。
    それに既存の内燃機関も材料調達難に生産コスト増で工場稼働率も落ちてるが、
    電気自動車に置き換えるにはより深刻な生産問題を抱えてる実態を無視した話なのよ
    既存の自動車をすべて電気自動車置き換えるのに
    電池をどれだけ生産しなくてはならないか?
    それに何年かかるのか?
    それにかかる総費用とCO2排出量増減は?
    本気で算出してみた話をまるで聞いた事がない
    あまりに馬鹿げてるので誰も計算してみないんだよね。

    盲目的な地球温暖化問題活動家の主張に乗っかって
    欧州をはじめとする政治団体がイニシアチブを獲ろうと先走り
    自動車業界も背に腹換えられず追随を宣言して
    いち早く乗っかって利益を得よう生き残りレースに打ち勝とうと躍起になってるのが現実だよね。
    ホンネで言えば地球環境の為ではなく利益誘導のための出来レースだろう。
    結局電気自動車って裕福なアーリーアダプターが物珍しさで買ってるに過ぎないから
    普及する現実味を感じない
    庶民には縁遠い絵空事だわ

    まあ結果が出る頃にはもうこの世にいない頃だから無責任に
    テキトーに思いついた事書いてるだけの御仁なんでしょうから気楽なものだ。

  3. 自分の住む首都圏の50キロ圏内でさえガソリンスタンドは、バタバタ潰れてる。これがもっと地方だとどうなのだろう⁉️だいたいガソリンスタンドは、設備投資に安全基準の点からかなりの初期投資および更新にも資金がいる。この点、電気は全国に整備され、ガソリンスタンド行くのに30キロ走らないと行けないなんて言う悪夢がない‼️電力をどうするかは考えなくてはならないが、それは、電気自動車を開発しながら つまり走りながら考えていくべき‼️もう、安全基準を無視するのは論外だが、事前に準備してから開発とか慎重にやると特あに引き離されると言う認識あるのか。それと、豊田章夫社長の電気自動車嫌いにも困ったものだ!基幹産業たる自動車産業潰れたら日本はどうなるんだ⁉️恐怖しかない。

  4. フランスのような他国ならいざしらず、原発を少なくとも当分は増設できず、再生エネルギーには限りがあり、化石燃料に変わるエネルギー源がないこの国で電気自動車を増やすのは無理だと思います。大規模な自然災害が起きる度に計画停電が必要になる国ですよ。