渋滞40kmも当たり前? 有名渋滞ポイントが解消されない理由とは

急いでいるドライバーにとって天敵ともいえるのが「渋滞」です。今回、国土交通省は、「高速道路の交通状況ランキング」を発表。そのなかで、上位にランクインした渋滞ポイントは、なぜ渋滞が起こりやすいのでしょうか。

渋滞の名所、大和トンネルの「呪縛」

 全国の渋滞状況を表す指標として、国土交通省は「高速道路の交通状況ランキング」を発表しています。例年、上位にランクインする渋滞ポイントは、ほとんど変動はありません。なぜ、渋滞が起こりやすい場所と分かっていても解消されないのでしょうか。

有名渋滞ポイントはなぜ渋滞が発生するのでしょうか。

 この「高速道路の交通状況ランキング」とは、実際にかかった時間と標準的にかかる時間との差を年間で計算したものを「渋滞損失時間」とし、その時間順でランキングを作成したものです。

 国土交通省が発表した、首都高速と阪神高速を除いた「2018年の全国高速道路渋滞ランキング」では、不名誉な1位に輝いてしまったのが、東名自動車道上り線の「海老名ジャンクション(JCT)から横浜町田(13.8km)」間です。

 このエリアは、毎年渋滞ランキングのトップを争っており、利用が多いドライバーから「渋滞の絶対王者」とも呼ばれるほどの名称となっています。なぜ改善もされずこんな事態が続いているのでしょうか。高速道路事情に詳しい関係者は次のように説明しています。

「大きな原因のひとつとして、同区間にある大和トンネルの存在が挙げられます。なだらかな上り坂+トンネルということで、クルマの速度が落ちやすい場所なのです。

 なだらかな上り坂であることと、トンネルの視覚効果で無意識にドライバーがスピードを落してしまい、後続車が次々に減速し、全体的な速度低下が渋滞となる理由だといえます」

 対して、東名高速道路を管理するNEXCO中日本は、「交通集中による渋滞対策として、東名高速道路大和トンネル付近で付加車線の設置などを進めています」と説明しています。

 また、国土交通省も「ピンポイント渋滞対策として、大和トンネル付近の付加車線の設置を東京オリンピックまでに運用を開始することを目標に事業を推進します」とアナウンスするなど、着々と対策が進められているのです。

※ ※ ※

 そのほか、同じ東名高速では、その手前の上り線「秦野中井から厚木(15.1km)」間がワースト4位です。さらに、下り線の「横浜町田から海老名JCT(13.9㎞)」が5位にランクインしており、大和トンネルを起点としたこのエリアが全国に悪名を轟かせています。

 とくに、下り線の2路線は連続しており、およそ30kmにわたってワースト5に数えられる渋滞路線が続くことになるほか、この区間には海老名SA、圏央道海老名・厚木ICと合流地点が続いており、渋滞に拍車をかけているのが現状です。

 打開策として、国やNEXCO中日本は新東名高速(正式名称・第2東海自動車道横浜名古屋線)の建設を進めていますが、この新東名は、海老名JCTが起点となっており、もっとも渋滞する横浜町田線には延長が予定されていません。

 前出の関係者は、「元々は、横浜環状線と交わる横浜泉JCTまでは延長する予定でしたが、東名が横浜環状南線、横浜湘南道路と近い距離で並走しているため、そちらで代用する形になっています」と説明しています。

 同区間の車線の増加も行われていましたが、それも上下線とも約15㎞の区間の一部に限られており、未だ有効な手段となっていません。

ここがポイント!渋滞が発生しやすい場所を画像で見る(7枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >東名自動車道上り線の「東名川崎から東京」の区間
    嘘はやめましょう。タクシーの運ちゃんなんてこの区間は殆ど走りませんよ。
    環八の出口で混む??
    これも嘘ですね。どういう取材をしているか分かりませんが、間違いが多くて心配になります。
    東名の世田谷出口に向かう、一番左側の車線はガラハラの場合が多いし、一番流れます。
    この区間が混む原因は、首都高の料金所があるからです。
    渋谷に向かう場合、東名川崎で降りてR246で向かった方が早い場合もありますし、時間的に殆ど変わらず、高速料金も安くなります。

    • なんですか?この嘘っぱちのクソ記事は。2位の調布インターと高井戸の上り線の渋滞がだって言ってるに調布インターの出口渋滞をかたるとは。ここの上り線の渋滞理由は都心方面に向かう交通集中、烏山付近のサグと旧オービス機による速度低下。三鷹料金所付近のカーブが主要因ですよ。適当な推量で裏も取ってない記事を書くのはやめなさいよ。