スマホ時代なのになぜ売れる? カーナビの販売が堅調な理由とは?

「Yahoo!ナビ」は無料で使えるナビアプリとは思えない充実したデータを備えるが、道路の高低差をはじめ、車載ナビの充実度には及ばない
車載ナビはローカルに地図データを置くことで、方面案内標識など詳細な表示に対応し、道路の高低差も自動認識するなど、より詳細な案内を可能としている。写真はパナソニック「Strada」CN-F1X10BLD
一見して車載ナビにも見えるが、ディスプレイオーディオでスマホ用ナビアプリ「Yahoo!ナビ」を展開している。写真は三菱「エクリプス クロス」
純正/市販を問わず、ディスプレイオーディオでは、iPhoneの「CarPlay」やAndroidの「Android Auto」に対応する機種が増えている。写真は三菱「エクリプス クロス」
スマホナビは地図データをダウンロードしながら使うため、通信が圏外となるとこのように表示エラーとなってしまう。写真はMapFan(現在はサービス中止)のもの
「Yahoo!ナビ」は無料で使えるナビアプリとは思えない充実したデータを備えるが、道路の高低差をはじめ、車載ナビの充実度には及ばない
ハンズオフ走行をはじめ、カーブや制限速度などへの運転支援を行うためにカーナビとは別に高精度マップを搭載。車載ナビの重要性は一段と高まっている。写真は日産「スカイライン」
今から40年前の1981年、ホンダがアコード/ビガーに用意した世界初の地図型カーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」
今から40年前の1981年、ホンダがアコード/ビガーに用意した世界初の地図型カーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」
今から40年前の1981年、ホンダがアコード/ビガーに用意した世界初の地図型カーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」
今から40年前の1981年、ホンダがアコード/ビガーに用意した世界初の地図型カーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」
1990年に登場したユーノス「コスモ」のCCS(カーコミュニケーションシステム)は、世界初のGPSを使用したカーナビとなった
1990年に登場したユーノス「コスモ」のCCS(カーコミュニケーションシステム)は、世界初のGPSを使用したカーナビとなった
中国のEV車メーカー「Byton」のクルマは市販車最大の48インチディスプレイを備える
中国のEV車メーカー「Byton」のクルマは市販車最大の48インチディスプレイを備える
テスラ モデル3の15インチ横型ディスプレイ
テスラ モデル3の15インチ横型ディスプレイ
テスラ モデル3の15インチ横型ディスプレイ
テスラ モデルSの17インチ縦型ディスプレイ
テスラ モデルSの17インチ縦型ディスプレイ

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 画面が大きいと気をとられて事故になりやすい、行き先がわかれば十分と思いますね。

    • 私はこれのDVD版をつけてます
      デカいから気を取られる?
      それは偏見ですね
      何をするにも散漫だから脇見事故が起きるんです
      ナビのせいではありません
      それならスマホはもっと小さいのになぜ事故が多いのか
      わかりますよね?

  2. 乗り降りする度にスマホをセットしてアプリ起動するのは時間がもったいない。時給が安い人は良いんじゃないかな

    • どんだけ時間に追われてんのよ

  3. 安全の為にバックモニター付ければ当然ディスプレイがいる訳だからセットですよ
    後ろの死角に子供がしゃがんで居たりしたら
    とんでもない事になります
    むしろナビがオマケだと思います

  4. 頻繁に車を買い換える人には、良いでしょうが、長く同じ車に乗り続けると、8年ほどで、地図データ更新が行われず(終了?)、新しいシリーズが販売され、数万円でナビだけ付け替え…と、なってしまいました。ネットのナビは、常時最新の地図データで案内され、工事などの通行止め(熊本県阿蘇の迂回路/九州の豪雨による通行止め…等)も、ルート検索時に、迂回して案内され重宝しています。私個人は、8型サイズのタブレットでネットでのナビが最適です。