高齢者の免許返納が減少!? コロナ禍だけではない自主返納にブレーキがかかる訳とは

専用キーで開錠すると加速が抑制される「プラスサポート」を搭載したトヨタ「プリウス」
専用キーで開錠すると加速が抑制される「プラスサポート」を搭載したトヨタ「プリウス」
専用キーで開錠すると加速が抑制される「プラスサポート」を搭載したトヨタ「プリウス」
専用キーで開錠すると加速が抑制される「プラスサポート」を搭載したトヨタ「プリウスPHV」
「プラスサポート」の専用キー
「プラスサポート」
「プラスサポート」
70歳以上のドライバーが運転していることを示す高齢者マーク
クルマを運転する高齢者ドライバー(イメージ)

記事ページへ戻る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 本来なら車に御主人の情報を見分ける回路を埋め込むのが近道なのですが、ブレーキとアクセルの踏み間違いという言い逃れに舵取りをした自動車産業の安全装置ビジネス〜補助金の流れ、使うべきところに充てる金はもう無いでしょう?
    免許証返納で事故を減らそうと言う都会独特の絵に描いた餅の感覚の制度、返納者への移動代替案も追々の周回遅れ
    返納しにくい車が必要な条件下ではバスやタクシーの旅客事業の事業撤退の問題もあるかもしれません。
    免許返納で事故を減らそうと言う発想は昔の大型二輪免許証を取らせないやりかたで事故を抑えこむ場当たりな制度の再来ですね。
    無免許でも知識があれば車は運転できますし、認知度を理由に免許を返納するのなら尚更です。
    免許返納を忘れて運転できる現実もあるでしょう。
    制度を変える役人は自分は老いないつもりでいるのか?もしくは欠落した免許制度の火消し策なんでしょうか?