なぜ? セダン市場低迷で「マークX」「シビック」消えるもプレミオ/アリオンが生き残る訳

トヨタ「アリオン」
トヨタ「アリオン」
トヨタ「アリオン」
トヨタ「アリオン」
トヨタ「アリオン」
アリオンとプレミオ。 セダン人気底面でも販売継続される理由とは
トヨタ「プレミオ」
トヨタ「プレミオ」
トヨタ「プレミオ」
トヨタ「プレミオ」
トヨタ「プレミオ」
なぜプレミオの方が人気なのか

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ところで、タイトルの
    「マークX」「シビック」消えるもプレミオ/アリオンが生き残る訳は

    この答えはどうなっているのでしょうか?
    トヨタの販売店のスタッフの方に聞いてみましょう。

  2. タイトルは何故?兄弟車なのにプレミオの方が売れる訳!とかの方が良いのではないでしょうか。

    2016年の改良では全長が変更されたのはアリオンではないのでしょうか。
    全長が長くなったのに、比較的取り回しがしやすいサイズとなりました。と書いてあるのは何故なのでしょうか。
    2020年の販売店の併売化の実地(原文ママ)が5月。
    にもかかわらず、日販連の同年1〜7月の販売台数を示すのはトヨタの販売店のスタッフが教えてくれなかったからなのでしょうか。
    本社の広報とかに取材した方が良いのではないでしょうか。

  3. プレミオはともかく、アリオンは機捜で有名ですね、地元署も機捜アリオン・MARKX130前期・キザシ(白・黒・シルバー)があり

  4. トヨタで一番売れている5ナンバーサイズのセダンでは、プレミオ&アリオン&カローラアクシオだけ健在です。かつて5ナンバーセダンは、日産、マツダ、ホンダ、ホンダ、スバル、は多少絶版です。三菱、いすゞ、ダイハツ、スズキ、日野は絶版です。ミニバンやSUVだけではモノ足りないし、やっぱり、5ナンバーセダンは復活したいモノです。