• くるまのニュース
  • 試乗記
  • 日産 新型「リーフ」で苦手とする高速道や峠道をテスト! EVの実燃費(電費)はどうなのか?

日産 新型「リーフ」で苦手とする高速道や峠道をテスト! EVの実燃費(電費)はどうなのか?

世界中で内燃機関から電気自動車(EV)へシフトする動きが出てきています。EVの1km当たりの走行コストは内燃機関の車両に比べて圧倒的に少なくて済みます。問題は航続距離でしょうか。そこで新型「リーフ」の実燃費(電費)をチェックしてみました。

 最近では盛んにEVの時代という言葉が使われています。確かに走行時は一切排出ガスを出さない環境性能や、騒音の問題もクリアになりますし、1km当たりの走行コストも内燃機関の車両に比べて圧倒的に少なくて済みます。そして何より、モーター駆動によるレスポンスのよい走行感覚は一度体感してしまうと病みつきになってしまうほど魅力的なものとなっています。

日産 実燃費(電費)テスト

 しかし一方で皆さんが気にするポイントが航続距離の問題でしょう。ガソリンスタンドで給油をするのとは違い、電気自動車の充電は一瞬というわけにはいきませんから、1度の充電でどれくらいの距離が走行できるのかというのは死活問題です。

 そこで今回は今年4月に累計販売台数10万台(※初代からの累計)を突破した日産の新型「リーフ」を借り出して電費を計測してみることにしました。新型リーフは満充電で400km(JC08モード)走行可能となっており、搭載されるバッテリーは40kWhとなりますから、カタログ電費は10km/kWhという計算になります。

 幸いにもリーフには電費計が備わっていたため、そちらを用いて計測をすることに。今回は30度を超える夏日となったため、エアコンは24度のオート設定、走行モードはECO、ワンペダルドライブを可能とするe-Pedalは常時オンで走行しています。

 今回は横浜市内を出発し、世田谷を経由して箱根大観山まで登って横浜市内に戻るという約200kmのルートを走行し、気になる電費は7.42km/kWhという結果に。エアコンONで走行してカタログ値達成率は74%となりました。

 それではここからセクション別の燃費を振り返ってみます。

日産 新型リーフ実燃費(電費)テストの様子を画像で見る(17枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

最新記事