ダイハツの「4ドア“クーペ”」!? 全長4.2mボディ×旧車デザイン採用! まるで「小さな高級車」な豪快内装もイイ「DNコンパーノ」とは

モーターショーには数多くのコンセプトカーが登場します。そんなコンセプトカーのひとつが、2017年に開催された第45回東京モーターショーで初公開された「DNコンパーノ」です。どのようなモデルだったのでしょうか。 

今だからこそ登場期待の「DNコンパーノ」

 軽自動車を得意とすることで知られるダイハツ。そんなダイハツが2017年に開催された第45回東京モーターショーで、あえて普通車枠のモデルを発表しました。それが「DNコンパーノ」というモデルです。 

ナニコレ超カッコイイじゃん! ダイハツ「DNコンパーノ」
ナニコレ超カッコイイじゃん! ダイハツ「DNコンパーノ」

 コンパーノとは1963年にダイハツが初めて普通乗用車市場に投入した第1弾の車名で、DNコンパーノはその初代コンパーノをオマージュしたもので、初代コンパーノが纏ったイタリアンデザインを彷彿とさせるスタイリッシュなスタイルが印象的な1台に仕上がっていました。

 このDNコンパーノは一見すると2ドアクーペにも見えるスタイルとなっていますが、実は4ドアモデルとなっている点も特徴のひとつ。

 エクステリアデザインは、先進性を感じさせるものでありながらも、初代コンパーノを彷彿とさせるフロントグリルを備えるなど、新旧をミックスした絶妙なテイストとなっています。

 コンセプトはアクティブシニアのためのコンパクト4ドアクーペとなっていて、フロント優先のパッケージング。クーペスタイルにはなっているものの、やみくもにスポーティさを追求したものではなく、優雅で豊かなセカンドライフを彩ることができるモデルとされていました。

 ボディサイズは全長4200mm×全幅1695mm×全高1430mm。パワートレインはトールやロッキーに搭載されている直列3気筒の1リッターターボのほか、1.2リッターのハイブリッドも搭載できるとされており、前輪駆動レイアウトを持ちトランスミッションはCVTということで、近場のアシとしても、ちょっとした旅行にも供することができる仕様となっています。

 一方のインテリアは、初代コンパーノを思わせる丸型の2連アナログメーターを備えつつも、センター部分にはモニターを設置し、アームレストを兼ねたセンターコンソール先端にはモニターを操作するためと思われるロータリースイッチや電動パーキングブレーキのスイッチが備わり、こちらもエクステリアと同様に新しさとクラシカルさが共存した空間となっていました。

 すでに子育てがひと段落した世代に向けて、優雅さとスポーティさを兼ね備えたコンパクトな4ドアクーペを提案するというコンセプトは非常に魅力的なものでありましたが、当時からダイハツはこのモデルはあくまでコンセプトモデルで市販化の予定はないとアナウンスしており、実際現在まで同様のコンセプトのモデルは生まれていません。

 ただ車名の“DN”とは”DAIHATSU NEWNESS“、つまり新生ダイハツを意味しており、いろいろあったダイハツが再出発する際の1台としてリリースされるというのもアリではないでしょうか。

【画像】超カッコイイ! ダイハツの「4ドア”クーペ”」を画像で見る(52枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. この車が発売されたら、康一君に買わせてドライブに行きたいわ♡

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー