ダイハツ「2シーター軽オープン」出荷再開へ! 人気軽SUV「タフト」も出荷停止解除へ 生産終了4車種も基準に適合

ダイハツは、国土交通省から「タフト」「コペン」の出荷停止指示を解除する公表があったと発表しました。今後は準備ができ次第、生産・出荷を再開します。

「コペン」「タフト」が出荷再開へ

 ダイハツは2024年3月29日、国土交通省から「タフト」および「コペン」の出荷停止指示解除の公表があったことを明かしました。

「コペン」車両法適合を確認
「コペン」車両法適合を確認

 ダイハツは2023年4月に、海外向け4車種の側面衝突試験で不正行為があったと公表しました。

 その後、第三者委員会を設置して調査を行っていく過程で、5月19日に新たに「ロッキー」およびトヨタに供給している「ライズ」の側面衝突試験でも不正があったことを明らかにしました。

 さらに、12月20日に発表された第三者委員会の調査結果では、25の試験項目で174個の不正行為があったことを明かし、対象車種は生産終了した車種も含め64車種(トヨタ・スバル・マツダへのOEM供給車含む)・3エンジンであることが発覚しました。

 同日に、国内外で生産中のすべてのダイハツ開発車の出荷を停止し、当局および社内での調査を行い、技術検証・実車試験等を行い確認していくとしていました。

 今回の発表では、2020年6月に発売された軽SUV タフト、2014年6月に発売された軽オープンスポーツカー コペン(トヨタに供給する「GRコペン」も含む)が、立会試験の結果、道路運送車両法に適合していると確認され、国土交通省による出荷停止指示が解除されることとなりました。

 今後は仕入先や販売会社と連携しながら、準備ができ次第、順次生産・出荷を再開していくとしています。

 なお、生産終了した軽スーパーハイトワゴン「ムーヴキャンバス」、軽トラック「ハイゼットトラック」(およびOEM供給されるトヨタ「ピクシストラック」・スバル「サンバートラック」も含む)も、道路運送車両法の基準に適合していることを公表しました。

 ダイハツは、「引き続き、国土交通省の指示に基づき、認証当局立会試験などの必要な対応を行っていくとともに、当社として、安全・品質を最優先とすることを再徹底した上で、お客様に一日でも早くお届けできるよう、努めてまいります」とコメントしています。

【画像】超カッコイイ! これが「次期コペン」!? 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ムーヴキャンバスっていつ生産終了したっけ?
    普通にホームページにいるけど?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー