34年ぶり復活! 全長4m以下の新型「“カクカク”コンパクト」世界初公開! 斬新オシャ内装&シフト採用の「新5」まさかの日本導入も

2024年2月26日、ルノーは新型「5(サンク) E-TECH エレクトリック」を世界初公開しました。BEV(バッテリーEV:電気自動車)のコンパクトハッチバックモデルです。

斬新コンパクトの国内導入計画も明らかに

 フランス・ルノーは2024年2月26日、スイス・ジュネーブ国際モーターショーで新型BEV(バッテリーEV:電気自動車)「5(サンク) E-TECH エレクトリック」を世界初公開しました。

内装もオシャレ! 新型「5(サンク) E-TECH エレクトリック」のインテリア
内装もオシャレ! 新型「5(サンク) E-TECH エレクトリック」のインテリア

 今回発表された新型5 E-TECH エレクトリック(以下、新型サンク)は、1972年に登場したルノーの「5(サンク)」に由来しています。

 時代の転換期に誕生したFFのBセグメントコンパクトハッチバックカーで、1984年登場の2代目が1990年まで生産されました。

 その後同年に登場し、今も同社の主力モデルとして君臨する「クリオ(日本名:ルーテシア)」の系譜に繋がるものです。

 30数年ぶりに車名が復活した新型サンクは、再び時代の転換期を迎えた現代の登場に相応しく、BEVモデルとして生まれ変わりました。

 ボディサイズは全長3920mm×全幅1770mm×全高1500mm、ホイールベース2540mmとコンパクトです。

 モーターは、70kW(最高出力95馬力/最大トルク215Nm)、90kW(120馬力/225Nm)、110kW(150馬力/245Nm)の3タイプを用意。

 リチウムイオンバッテリーと組み合わされ、コンフォートレンジで52kWh/最大航続距離400km、アーバンレンジで40kWh/最大航続距離300km(ともにWLTPモード)の性能を発揮します。

 110kW/52kWhモデルで、0-100km/h発進加速は8秒、80-120km/hの追越し加速は7秒で、最高速度は150km/hです。

 内外装デザインは、初代サンクで印象的なスタイルやディテールの随所をモチーフにしながらも、現代的な処理でモダンに仕上げています。

 また室内のシフトレバーを独特な形状を持つコラムシフトとするなど、新型ならではの個性ももたせました。

 なお日本法人のルノージャポンは、新型サンクを国内導入する意向があると発表しており、今後の展開が待たれるところです。

【画像】めちゃカッコいい! 斬新シフトの「新型コンパクト」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー