「マツダ6」販売終了で「国産ワゴン」が絶滅の危機! 残すは2車種のみ!? ワゴン車が激減した事情とは

マツダが販売していた「マツダ6」が終売となります。同車にはセダンとステーションワゴンがラインナップされるのですが、ワゴンの「マツダ6ワゴン」がなくなることで、国産ワゴンが2車種のみになってしまいます。ワゴン車に何があったのでしょうか。

国産ワゴンがいよいよ絶滅危惧種に!?

 2024年1月末にマツダは、フラッグシップモデルである「マツダ6」の販売終了に関するニュースを発表しました。
 
 現時点では2024年4月中旬に生産を終了するとアナウンスされており、「カペラ」→「アテンザ」→「マツダ6」と続いた歴史が一旦終止符を打つこととなります。

2024年4月に国内販売が終了する「マツダ6ワゴン」
2024年4月に国内販売が終了する「マツダ6ワゴン」

 それ自体も残念なことではありますが、マツダ6はセダンだけではなくステーションワゴンもラインナップしており、こちらも姿を消すことで、国産ステーションワゴンがまた1台消滅することになるのです。

 そうなると現時点でラインナップされている国産ステーションワゴンは、トヨタ「カローラツーリング」(旧型で併売中の「カローラフィールダー」含む)とスバル「レヴォーグ」のみとなってしまいます。

 思えば1989年にスバルが初代「レガシィツーリングワゴン」を発売してステーションワゴンブームが到来し、各メーカーもレガシィに追い付け追い越せでさまざまなステーションワゴンを販売しました。

 その一方で近年は、ステーションワゴン並みのスペースと高いユーティリティ性を持ち、見晴らしの良いドライビングポジションを持つ「クロスオーバーSUV」にその座を奪われつつあるのが現状。

 確かにステーションワゴンよりも背の高いクロスオーバーSUVは室内空間も広く感じられ、運転がしやすいというメリットもあるため、多くのユーザーに支持されるのは当然でしょう。

 しかしステーションワゴンはセダンやクーペ並みに低い全高を持つことで走行性能や、操縦安定性はクロスオーバーSUVよりも優れていることは間違いなく、事実、日本よりもアベレージスピードが高いとされている欧州のメーカーではまだまだステーションワゴンがラインナップされ、安定した人気を誇っています。

 また自動車業界ではカメラマンたちが愛車にステーションワゴンを選ぶことも多く、機材を満載するだけでなくカメラカーとしても活用されるような環境において、根強いニーズがあるとのこと。

 そして、都心部などでは全高1550mm以上のクルマは入庫不可という立体駐車場も存在しており、行動範囲を狭めることなく荷物を積めるクルマが欲しいという人にとってもステーションワゴンは必要なモデルであることは間違いありません。

 とはいえクロスオーバーSUVの使い勝手の良さもまた紛れもない事実であり、自動車メーカーとしても売れ筋モデルに力を入れるのはやむを得ないところでしょう。

 ただ、ステーションワゴンにも唯一無二の魅力が詰まっています。その火が消えてしまわないことを願うばかりです。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これがマツダのフラッグシップ「マツダ6」です! 画像を見る(38枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ランサーセディアワゴンとアテンザワゴンと乗ってきたけど、荷物は乗るし走行性能は良いしで、どちらも最高な車だった!世の中猫も杓子もSUVっていうことに逆に疑問を抱く。同一メーカーからそんなにいくつもいる?視点が高いのが好きって声は聞くけど、見下すことで自分が優位になったと勘違いしたいのが大多数のようだし。運転しやすい見やすいとか言うだろうけど、車高低くても前は普通に見える。視点の高い車乗ってる人は、だいたい粗暴だったり自分中心な運転してる。逆にスポーツカー乗りは速度守って車間距離取ってたり、道を譲ったりしてる。
    要は、自己中心的な人が爆増してる表れでもあると考える。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー