マツダ新型「コンパクトスポーツカー」世界初公開! 斬新ライト×2ドア流麗ボディがカッコイイ! ロータリー搭載で「RX-7」を意識?

マツダがジャパンモビリティショー2023で世界初公開した「アイコニックSP」は、デザインの随所に歴代スポーツモデルの雰囲気が感じられます。

「RX-7」に「ロードスター」「AZ-1」の雰囲気も感じる?

 2023年10月28日から一般公開がスタートした、「東京モーターショー」改め「ジャパンモビリティショー2023」。
 
 数多くのコンセプトモデルが展示されて注目を集めていますが、中でも高い注目を集めているのが、マツダブースに展示されている「アイコニックSP」です。

「セブン」「ロドスタ」「AZ-1」を感じる
「セブン」「ロドスタ」「AZ-1」を感じる

 事前に世界初公開となるコンセプトモデルが登場することはアナウンスされていましたが、リアセクションの一部が写された画像のみの事前公開となっていたため、さまざまな憶測を呼んでいました。

 満を持して公開されたコンセプトモデルはマツダ アイコニック SPと名付けられており、その名前の通りマツダの“象徴”(=アイコニック)が凝縮された1台となっています。

 まず心臓部にはマツダの象徴のひとつであるロータリーエンジンを搭載。

 さすがに「ロータリーEV」とアナウンスされていますが、2ローターを搭載し370PSを発生するということで、スポーティな走りを実現してくれることは間違いありません。

 当然前後重量配分にも気が配られており、スポーツカーに必須とも言われている50:50を実現。駆動方式は明らかとなっていませんが、マツダのスポーツカーともなれば後輪駆動となる可能性が高いでしょう。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mmとなっており、マツダの代表的な2ドアスポーツカー「RX-7(FD型)」よりはやや短く、ややワイドで、やや低いものの、極端に差があるものではありません。

 車両重量もEVであることを考えれば軽量な1450kgに抑えられており、ここでもマツダの象徴のひとつである“ライトウェイトスポーツ”が表現されています。

 デザインにおいてはヘッドライトがリトラクタブルヘッドライトなのは歴代RX-7や「ユーノスロードスター」を、テールランプが丸をモチーフとした楕円型となっているのは、歴代ロードスターをモチーフとしているのは明らかで、独特な形状のリアウインドウも歴代RX-7の形状をオマージュしていることは間違いないでしょう。

 また、フロントウインドウの後端には黒い分割ラインのようなものも見え、これはロードスターや「RX-7カブリオレ(FC型)」のようなオープントップモデルの意匠を模しているようで、更なるボディバリエーションを示唆している可能性もありそうです。

 フロントドアは一般的なヒンジドアではなく、斜め上方に開くシザーズドアとなっていますが、これもマツダが過去にリリースしたガルウイングドアを持つ軽自動車、「オートザムAZ-1」を意識しているのかもしれません。

 そしてボディカラーには、ソウルレッドから始まったマツダのイメージカラーのひとつである赤をチョイスし、“前向きに今日を生きる人の輪を広げる”という同社の企業理念を重ね合わせて作った「ビオラレッド」を採用しています。

 このようにマツダの象徴、アイコンである要素をギュッと1台に凝縮したといっても過言ではないアイコニックSP。

 さすがにこのまま即市販化、というワケにはいかないようですが、実は現実可能な要素も多く含んでいるということなので、近い将来リリースされることを期待せずにはいられませんね。

【画像】超カッコいい! マツダ”新型ロータリースポーツカー”「アイコニックSP」を画像で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 全幅1850mm以下で上段ならアルファードがギリ駐車できる立体駐車場のハイルーフ不可の下段に駐車できるサイズにしたのは評価したい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー