軽規格超えのダイハツ新型「コペン」初公開! MT&ターボ付き爆速仕様も可能性アリ!? “市販化”は「みんなの応援次第」か

ダイハツは10月25日に行われた「ジャパンモビリティショー2023(以下JMS2023)」でコンセプトカー新型「ビジョンコペン」を発表しました。このクルマの市販化の可能性はあるのでしょうか。ダイハツの担当者に聞いてみました。

新型「ビジョンコペン」市販化の可能性はみんなの“応援次第”?

 ダイハツは10月25日から開催されている「ジャパンモビリティショー2023(以下JMS2023)」でコンセプトカー新型「VISION COPEN(ビジョンコペン)」を発表しました。
 
 ジャパンモビリティショー出展車両のなかでも、スポーツカー好きからの注目度が異様に高い新型ビジョン コペンに関してもっとも気になるのが「売るのか?それとも売らないのか?」ということです。

めちゃカッコイイ! ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」
めちゃカッコイイ! ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」

 同車の商品企画担当者を直撃したところ「ぜひ市販につなげたい」と意気込みを語ってくれました。

 新型ビジョン コペンは小型の2シーターオープンカーで、販売している「コペン」の次期モデルを示唆するようなコンセプトカーです。

 ライト類などの細部はともかくプロポーションなど大枠は市販車と言っても通用するほど現実感があり、だからこそ市販への期待が高まるのです。

 ただ、初代、そしていま販売しているコペンは軽自動車でFF(フロントエンジン・フロントドライブ=前輪駆動)。

 いっぽうビジョン コペンは軽自動車よりも大きな小型車で、FR(フロントエンジン・リアドライブ=後輪駆動)。コペンの後継車として考えると、これまでとは違うクルマ作りになっているのも気になるところです。

 商品企画担当者は「走る歓びを最大限に求めようと考えました。今回は『軽でFF』という制約を外してみたら、どんなコペンが考えられるか?という提案です。

 運転する楽しさを求めて後輪駆動とし、もちろん前後重量配分を考えてフロントミッドシップです。私たちもショーカーを作って終わりにしたくはありません。

 もし『市販して欲しい!』という声が多ければ、この先もプロジェクトを継続できるはずです」と教えてくれました。

 ところで、1.3Lというエンジン排気量も気になるところです。

「まずアピールしたかったのは、電気自動車ではなくエンジンを積んだライトウェイトスポーツカーだということ。

 1.3Lというのはとりあえず想定しただけにすぎず、決定ではありません。

 みなさんから『もっとパワーが欲しい』という声があれば1.5Lも検討しますし、ターボだって考えます。ターボ付きと自然吸気の両方を用意する可能性だってありますよね」(商品企画担当者)

【画像】超カッコイイ! ”軽規格超え”の新型「コペン」を 画像で見る(33枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. かっこいいというかかわいい感じ。おもちゃ感覚。質感は初代の方がよく見える。完全な丸目な時点でシャープさカッコ良さから少し離れるから他の造形でシャープさを出さないとかわいいから抜け出せないんじゃないかな。バイクのCB◯Rシリーズやレブルは丸目だけどカッコ良いし。

  2. すごいいい
    いかにもなスポーツカーは抵抗あるけどこのコペンは本当に魅力的

  3. 1500cc NA MT 200万円以内だったら欲しい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー