なぜ復活!? 日産「スカイライン」に伝統の「GT赤バッジ」再登場! 新型「スカイライン NISMO」に採用された理由とは

外観デザインのコンセプトは「羊の皮をかぶった狼」!?

 外観デザインもまた、レーステクノロジーを全面に活かした設計としています。

 日産のグローバルデザイン本部 森田 充儀 主査は、新型スカイライン NISMOのデザインコンセプトについて「よみがえる“羊の皮をかぶった狼”」だと説明します。

オプションで備わるNISMO専用チューニングのRECARO製スポーツシートはホールド性能の高さだけでなく、着座時の耐圧分布を最適化したことでグランドツーリングの快適性も確保したといいます
オプションで備わるNISMO専用チューニングのRECARO製スポーツシートはホールド性能の高さだけでなく、着座時の耐圧分布を最適化したことでグランドツーリングの快適性も確保したといいます

 初代S54型のベースである2代目スカイラインは、端正なデザインの穏やかなファミリーセダンでした。

 これを高性能なレーシングマシンに仕立てたことから、初代スカイラインGTは「羊の皮をかぶった狼である」と当時評されたのです。

 初代スカイラインGT-Rも同様に、外観はベースのスカイラインGTと大きく変わるところはなく、この“羊の皮をかぶった狼”のキーワードは、その後もスカイラインの代名詞となりました。

 とはいえ420psという、当時に比べ圧倒的な高性能を得た新型スカイラインNISMOでは、この性能向上のためのデザインとして、空力性能を味方につけています。

 具体的には、前後バンパーとサイドシルに専用デザインを与え、バンパー部のロアグリルメッシュもオリジナルとしているほか、オプションとして専用のリアスポイラーも設定しています。

 サイドシル後端のキックアップした形状は、初代スカイラインGTや、初代スカイラインGT-Rが採用した「サーフィンライン」形状を進化させたものだといい、こうした細部にもスカイラインGTの伝統を感じさせるものとなっているのが、ファン泣かせなポイントといえます。

 もちろんデザイン性だけではなく空力性能も向上させ、CD値0.27(400Rは0.28)、CL値は0.04(400Rは0.10)をマークします。

 内装は黒基調にまとめられ、NISMO専用本革巻きステアリングや、280km/hスケールのメーターなどの専用パーツを配置。さらにオプションで、NISMO専用チューニングのRECARO製スポーツシートも用意しています。

【画像】「赤バッジ」復活にオジサンも歓喜!? 日産「スカイラインNISMO」を写真で見る(46枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2 3 4

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 何でもかんでもニスモニスモニスモ。
    ニスモもえらく安っぽくなったもんだなぁ。

    • こんなにニスモロードカーが似合う車も無いだろ
      てか今のラインナップはフォーミュラEと関連するBEV、伝統のコンパクトハッチ(×e-POWER)、Z、GT-R、そしてスカイライン。

      無駄がないと思う

  2. 正直モデル末期でいつ生産終了を言いだしても不思議のない車だから、”今さら”感はあるわな。
    裏では”残ったエンジン売り切るためのモデル”とも言われたスカイラインGT-R(C110)の二の舞に思えるけどな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー