なぜ復活!? 日産「スカイライン」に伝統の「GT赤バッジ」再登場! 新型「スカイライン NISMO」に採用された理由とは

記事ページへ戻る

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 何でもかんでもニスモニスモニスモ。
    ニスモもえらく安っぽくなったもんだなぁ。

    • こんなにニスモロードカーが似合う車も無いだろ
      てか今のラインナップはフォーミュラEと関連するBEV、伝統のコンパクトハッチ(×e-POWER)、Z、GT-R、そしてスカイライン。

      無駄がないと思う

  2. 正直モデル末期でいつ生産終了を言いだしても不思議のない車だから、”今さら”感はあるわな。
    裏では”残ったエンジン売り切るためのモデル”とも言われたスカイラインGT-R(C110)の二の舞に思えるけどな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー