トヨタ勢を「超えた!」 デビュー2年で人気「上向き」に!? 日産「ノート」販売好調な3つの理由とは

日産のコンパクトカー「ノート」の販売が好調です。その理由はどこにあるのでしょう。3つの要素について紹介します。

好調な理由その1「ライバルの動向」

 2020年12月にデビューした日産のコンパクトカー「ノート」ですが、2022年後半に入り販売がさらに上向きで、トヨタなどのライバル車を追い越す勢いをみせています。
 
 ノート好調の理由には、ライバルの動向や納期問題など、3つの要素があるといいます。

ベースの「ノート」をはじめ、日産ノートシリーズには多彩なラインナップが用意されているのも特徴です[(左)日産「ノートオーラ」/(右)「ノート」]
ベースの「ノート」をはじめ、日産ノートシリーズには多彩なラインナップが用意されているのも特徴です[(左)日産「ノートオーラ」/(右)「ノート」]

 現行型の3代目ノートは、2020年12月23日に発売されました。

 発売翌年の2021年は、年間を通して9万177台(一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べ)を販売し、年間の登録台数ランキングでは、1位のトヨタ「ヤリス」、2位のトヨタ「ルーミー」、3位のトヨタ「カローラ」に次ぐ、4位のポジションを得ています。

 そしてデビュー2年目を迎えた2022年前半(1月から6月)は5万6948台を販売して、4位をキープします。ここまでは前年と同じペースです。

 ところが2022年夏以降、ノートの販売は上向きとなります。

 2022年7月には月間ランキングで3位にアップ。8月はさらにひとつ順位を上げて2位に。9月も2位を維持し、10月は6位に下げるものの、11月は2位に復活しました。

 そして気が付けば、12月の1か月を残しつつも、2022年1月から11月の11か月でノートの販売台数が10万1542台に達し、2021年の年間販売台数を、11月の段階で上回ることに成功しているのです。

 このようにノートの売れ行きが好調な理由について、あらためて考察してみましょう。

 まず、ライバルの動向として注目なのは、コンパクトハイトワゴンのルーミーです。

 2022年の前半(1月から6月)はランキング3位でしたが、8月以降、順位を8位、9位、5位、6位とポジションを落としています。明らかに勢いが落ちているのです。

 その不調の理由として考えられるのは、9月にフルモデルチェンジしたトヨタ 新型「シエンタ」の存在でしょう。

 ルーミーとシエンタは、左右スライドドアを備える背の高いコンパクト系です。

 シエンタの方が若干サイズの大きい兄貴分にあたり、ルーミーにはない3列シート仕様が設定されたミニバンモデルという違いがあります。

 ルーミーの登場は2016年11月のことで、デビュー6年を迎えたロングセラーモデルです。

 兄貴分であるシエンタは11月には4位にランクイン。ルーミーの顧客の一部が新型シエンタに流れたことが予想されます。

【画像】デビュー2年で「販売上向き!」 人気の日産「ノート」シリーズを写真で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. なんだかなって記事だな。まずもって元々1位とってるくるまなので、乗り換えもだけでも結構な数出るはず。特に日産は残クレかなり押すので。セレナ見積もりに行ったとき、銀行ローンにするからと言ってもさいごまで残クレでとゴリ押しだった。隣ると時期的に乗り換え。で納期短いのも、日産は納期長くなりそうになると車種絞って一点集中みたいにするから短い。今アリア、サクラ、エクストレイル止まってるからね。主要車種三つも止めてるから。あと車種構成多いと言っても、グレードは少ないんだけど。こちらもおすすめグレード絞って、主要メーカーオプションですば全てセットにするから生産するので複雑にならず納期早い。

  2. 今年だけで2台、ノート購入しました。急ぎで必要な旨を伝えたところ、県内の在庫から引っ張ってきてくれたので1ヶ月納車です。色やカスタムにこだわりがある人は今の時期どうしても時間かかりますね。ディーラーいわく、やはりトヨタ等で納車延期が続いて日産が駆け込み寺になるケースが相次いでいるそうです。
    ノート良い車だと思うので多くの人に使ってほしいです。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー