14年ぶり復活! 懐かしの名車や軽トラも疾走した「ダイハツチャレンジカップ」に密着

富士スピードウェイにて「D-SPORT & DAIHATSU Challenge Cup 2022」が開催されました。「ダイハツチャレンジカップ」の名称が復活したのはなんと14年ぶり。イベントの模様と、これにかけるダイハツの思いを取材しました。

ダイハツ車なら何でも参加OK! 「ダイチャレ」が14年ぶりに復活!

 2022年8月12日、ダイハツとD-SPORT(SPK)との共催による「D-SPORT &DAIHATSU Challenge Cup 2022」が、静岡県御殿場市にある富士スピードウェイショートサーキットで開催されました。

「コペンエキスパート&オープンクラス」の参加車たち
「コペンエキスパート&オープンクラス」の参加車たち

 「ダイハツチャレンジカップ」は1995年から2008年まで開催されていたJAF公認のジムカーナイベントです。ライセンスなどは必要なく、ダイハツ車に乗っていて運転免許証があれば誰でも気軽に参加できるという敷居の低さから、全国各地でモータースポーツ入門のイベントとして人気を博していました。

 しかし、2009年初頭にダイハツはモータースポーツ事業から全面的に撤退を決定し、これにともない、「ダイハツチャレンジカップ」も取りやめとなります。

 その後、自動車部品などのメーカーである株式会社SPKが主催する「D-SPORT Cup」が、ダイハツ車オーナーのモータースポーツ参加への登竜門を担っていました。そして今回、これと共催というかたちで、ダイハツが14年ぶりに「ダイハツチャレンジカップ」を復活させました。

全国各地からダイハツ車を愛するオーナーの方が集まった
全国各地からダイハツ車を愛するオーナーの方が集まった

 イベントは開会式の第一声「皆さま大変お待たせいたしました!」に大きな拍手が挙がる暖かい雰囲気のなかスタートしました。午前中は練習走行、午後はタイムアタックというスケジュールで、あいにくの雨のなか、細かくクラス分けされた総勢73台のダイハツ車が次々とコースインしていきます。

 その顔ぶれは、初代や現行型の「コペン」をはじめ、最新型の「タフト」や「ムーヴ」、「ミラバン」や「エッセ」、「オプティ」「ネイキッド」、さらには軽トラックの「ミゼットII」や「ハイゼット」、45年以上前の2代目「フェロー」など、新旧入り混じった実にさまざまなものです。

 普段サーキットではなかなか見かけない車種の熱い走りが見られるのも、このダイハツチャレンジカップならではの光景といえるでしょう。

バラエティ豊かな車種たちが集まるのも「ダイチャレ」の特徴
バラエティ豊かな車種たちが集まるのも「ダイチャレ」の特徴

 そうしたなか、最新の「コペンGRスポーツ」で参加していたのは、ダイハツ工業代表取締役会長の松林 淳さんです。今回は仕事としてではなく、一般枠のあくまでプライベートな参加者としてお忍びでエントリーしていたとのことで、ほかの参加者に交じって熱い走りを見せていました。

今日はひとりのクルマ好きとして?参加したダイハツ工業代表取締役会長の松林 淳さん
今日はひとりのクルマ好きとして?参加したダイハツ工業代表取締役会長の松林 淳さん

 会場では、D-SPORTやアルパインスターズなどのレーシングパーツ、レーシングギアの展示や販売も実施されています。D-SPORTのデモカーや全日本ラリー選手権に参戦中のマシンも展示され、走行の合間にそれら車両の細かい点をチェックする参加者の姿も見られました。

 また、11月に開催予定のWRCラリージャパンに参戦予定である「コペンGRスポーツ」が、本イベントで初公開となりました。

 同車は、かつてのデ・トマソ仕様をどこか彷彿とさせるレッドとブラックの専用カラーリングが施され、ニフコと共同開発したカーボン仕様のフロアアンダーカバーや、AGCと共同開発した曇り防止の熱線入りフロントガラスなどのアイテムが採用されています。

初公開された2022WRCラリージャパンに参戦予定の「コペンGRスポーツ」
初公開された2022WRCラリージャパンに参戦予定の「コペンGRスポーツ」

 ここからさらに安全燃料タンク、自動消火器、ロールケージなどの改造が施される予定で、このイベント展示後はすぐに全バラシ作業に入るとのことです。

 コペンGRスポーツの開発者でもあり、実際にドライバーとしてラリーに参加しているダイハツ工業の相原泰祐さんは「モータースポーツの実戦現場から挙がってきた課題や声に、仕入先メーカーと一緒になって市販を前提にした商品開発をアジャイルに取り組むことは、非常に貴重な経験であり、メーカーとしても新たな知見となってとてもありがたい」と話しました。

【画像】軽トラックからコペンまで! 14年ぶりに復活した「ダイハツチャレンジカップ」に参加した車両を見る(75枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー