10年ぶり!? トヨタ新型「アクア」は7月発売? ユーザーが要望するコトとは

トヨタ「プリウス」の弟分として登場した「アクア」は2011年の登場から約10年が経過しています。そうしたなかで、2021年にはフルモデルチェンジするといいますが、次期型アクアに対してユーザーからはどのような要望が出ているのでしょうか。

次期型アクアは2021年7月下旬に発売か

 2021年初夏にトヨタの5ナンバーコンパクトカー「アクア」が約10年ぶりにフルモデルチェンジするのではないかといわれています。
 
 現行モデルは、国内市場で2011年に登場した後、2021年3月時点までに155万台以上の販売台数を記録するなど多くのユーザーから支持されています。
 
 では、ユーザーは次期型モデルに対して、どのような要望があるのでしょうか。

次期型アクアは2021年7月下旬に発売? ユーザーが要望したコトとは
次期型アクアは2021年7月下旬に発売? ユーザーが要望したコトとは

 現行モデルは、1.5リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド専用車です。

 2021年で発売から約10年経ちますが、これまでもさまざまなマイナーチェンジや商品改良がおこなわれました。

 最近では、2019年に駐車支援のパノラミックビューモニターを装備し、安全性がより強化。2020年8月には、一部グレードにて「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」を標準装備しています。

 また、エントリーモデル的な立ち位置となるアクアのユーザー層を広げる意味もあり、クロスオーバー仕様やスポーティ仕様といったグレードを設定。

 さらに、所有するハードルを下げる試みとしては、トヨタが展開するサブスクリプションサービス「KINTO」では、専用カスタマイズが施された「アクア S“KINTOツーリングセレクション”」というモデルも登場しました。

 そんなアクアですが、次期型モデルはどのようなカタチで登場するのでしょうか。

 2021年3月現在、トヨタ販売店には詳細な情報は入っていないといいますが、現行モデルで弱点とされていた「室内空間の狭さ(とくに後席)」や、2020年2月に発売された「ヤリス」(ハイブリッド車)が登場したことによる「コンパクトなハイブリッド車という立ち位置の変化」が次期型モデルに反映されるのではないかといわれています。

 とくに、後席の居住性に関してアクアは「狭い」という声が挙がっていたほか、新たに登場したヤリスの後席も居住性が良いとはいえません。

 一方で、ライバルとなるホンダ「フィット」や日産「ノート」は同クラスながら後席の居住性はある程度確保されています。

 今回、くるまのニュースではSNSにて「次期型アクアに希望するもの」というアンケートを実施しました。

 その結果、次期型モデルの価格面については、近年の新型車はさまざまな先進装備や技術が搭載されるため、価格が上昇する傾向にあるものの現行モデル並み(約192万円から)を希望する声が最多となりました。

 一方で、低燃費をウリとしているアクア(WLTCモード:29.8km/L)ですが、最近ではヤリス(ハイブリッド車)が36.0km/Lという世界トップクラスを記録していることもあり、ヤリス同等を求める声も挙がっています。

 そして、パッケージ面では「後席や荷室の広さ」を挙げるユーザーが多くなりました。

 これらの希望理由について、回答したユーザーは「安価でハイブリッドを買えるポジションでいてほしい」、「プリウスのコンパクトバージョンとして、最高の燃費を期待します」、「アクアは燃費優先の立場のクルマなので、そこをとことん追求したうえで利便性の高さやスポーティさを求めたい」といったコメントがありました。

【画像】アクアが高級仕様に!? どうなる? ライバル「フィット」の高級仕様やヤリスを見る!(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー