またも豪雪で北陸道でも立往生発生! なぜ関越道の教訓が生かされなかったのか?

2021年1月9日からの大雪により、北陸の高速道路や一般道で立ち往生が発生しました。2020年12月には関越自動車で雪による長時間の立ち往生が発生したばかりでしたが、今回、事前に降雪予報が発表されていたにもかかわらず、なぜまたクルマが立ち往生する事態になったのでしょうか。

準備万全でも… 結果的に大雪による立往生が発生

 2021年1月9日から11日にかけての大雪の影響により、北陸各地で高速道路や一般道で立往生が起こりました。
 
 なかでも、北陸自動車道では福井県内の福井インターチェンジから金津インターチェンジまで、最大で1000台以上が巻き込まれました。

大雪で立ち往生(イメージ)
大雪で立ち往生(イメージ)

 本稿執筆時点(1月11日朝)でも、丸岡インターチェンジから金津インターチェンジで取り残されている車両がいて、中日本高速道路(NEXCO中日本)では陸上自衛隊の応援を受け復旧作業を続けている状況です。
 このニュースで「なぜ、また?」という感想を持つ人が多いはずです。

 高速道路の立往生は、2020年12月に関越自動車道で発生しており、その教訓が生かされていないのでは、という印象があるからです。

 関越自動車道での事案では、東日本高速道路(以下、NEXCO東日本)の小畠徹社長が記者会見で「予測できなかった」として、主な原因を挙げました。

・立往生が発生した地域で観測史上最大となる24時間で113cmの大雪になったこと。
・雪が湿っていて重い質感だったこと。
・一部の大型トラックでは、使用距離がかなり長い冬タイヤを装着しており有効な性能が発揮できなかった可能性があること。
・周辺の国道など交通インフラとの連携がうまくいかなかったこと
など。

「事前に通行止めにできなかったのか」という点については、「県などの地方自治体と地元警察と弊社側との協議の在り方を今後検証する」と説明しています。

 また、東北地域での大型台風接近の際に、事前の通行止めをした事例も紹介しましたが、結果的に関越自動車道での大雪対応では、そうした決断をしなかったということになります。

 では、今回の北陸自動車道のケースはどうだったのしょうか。

 NEXCO東日本新潟支社と国土交通省北陸地方整備局は1月6日に、7日から9日かけて日本海側で大雪になる可能性が高く「予防的な通行止めの実施が見込まれる」との発表をしています。

 一方で、北陸自動車道の道路管理会社であるNEXCO中日本では、同じ6日に「大雪に関する緊急発表~不要不急の外出はお控えください~」とのリリースを出していますが、これは国土交通省・各地域整備局の発表を紹介しただけで、NECXO東日本のような「予防的な通行止めの実施」との表現は使っていません。

 その前の1月5日は、NEXCO東日本、中日本、西日本が共同で、年末年始の大雪を踏まえて、同週末における注意喚起をしているのですが、NEXCO中日本として6日以降に「予防的な通行止めの実施」を改めて強調することはありませんでした。

 ただし、1月9日には福井県と富山県がそれぞれ大雪に対する対策会議を開き、北陸では2018年12月の豪雪で国道8号線において約1500台が立往生したことを踏まえて、杉本達治知事は「2018年と同程度の大雪の可能性あり」として除雪作業など万全の体制を敷いていました。

 結果的に、福井市周辺では24時間で100cm級の積雪となり、国道8号線でも立往生が発生。北陸自動車道での立ち往生は、は国道8号線よりも深刻な状況に陥りました。

【画像】出掛ける際は「クローラー車」が最強? 雪に負けないモデル3選(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 地元になる福井在住の者です
    今回の大雪の降り始めが、AM3時過ぎになった事で、除雪のスタートが遅れましたね
    私も大雪の予報が出ていた当日は警戒していて、午前3時頃に就寝したのですが、その3時頃まではほとんど雪は降っていませんでした。それが朝7時に目覚めると大雪・・除雪スタートが完全に出遅れです
    翌日も顕著な積雪となったたのは早朝から・・
    一旦朝4~6時頃に除雪車が家の周りを通ったのですが、その後にすぐに積もって除雪は跡かたなく雪に埋もれていく状況に・・

    あと、国道、県道、市道で除雪業者の管轄が異なり・・いわゆる縦割り・・の弊害が出ています
    例えば自分の近所では、市道は近場の業者で比較的マメにきちんと除雪が入っていますが、逆に市道がつながる大通りである県道の除雪が遅くて結局通行不可状態が続く状況に・・
    市道担当の業者は、除雪車が途中に通行する国道も県道も除雪しない・・いや出来ないんですよね
    こういうところを連携しあってエリアで除雪するようにすれば少しはマシになるかもね

  2. 内容が無いよう

  3. 結果論で批判的な内容は何とも見ていて寂しいものです。
    無策でこうなった訳ではないのだと思います。世の中の流通を維持しつつ、必要な対策、呼び掛けを行っているのだと思いますが、それに十分対応できていない利用者の引き金に、想定以上の速さで悪化した事態の顛末なのだと思います。
    報道は事実を適切に伝える必要があると思います。こういった興味を引くだけの記事でなく、無策無能な利用者の実態も確認して頂きたいです。

  4. 結果論で批判的な内容は何とも見ていて寂しいものです。
    無策でこうなった訳ではないのだと思います。世の中の流通を維持しつつ、必要な対策、呼び掛けを行っているのだと思いますが、それに十分対応できていない利用者の引き金に、想定以上の速さで悪化した事態の顛末なのだと思います。
    報道は事実を適切に伝える必要があると思います。こういった興味を引くだけの記事でなく、無策無能な利用者の実態も確認して頂きたいです。

  5. これだけ一気に降ったらどうしょうもない。
    誰が悪いわけでもない。天災。
    ただトラックが最初にハマって渋滞を引き起こしているのは毎回なので対策が必要ではある。

  6. ダブルタイヤにシングルチェーン巻いてもこれだけ降ると意味が無い。圧雪で外輪側が空転したらチェーン巻いて無い様なもの。全ては安く済まそうとする事への見返りだな。安い運賃からの利益捻出のシワ寄せ。

  7. 『なぜ関越道の教訓が生かされなかったのか?』のタイトルに対する結論は結局何なんだ?
    『筆者を含め、福井周辺の住民の多くに「先回から3年あまりで、まさか再び…」という気持ちがあった』なのか?
    まさかNEXCO中日本による検証を待ちたい、なんて中身の無い記事じゃないよね?

    あと自動で除雪するならそれこそ早期の全面通行止めが必要。立ち往生の記事にくっつける意味が分からん。文字数稼ぎか?

  8. 教訓が活かされていないのは、ドライバー側の教訓か活かされてないように思います。
    除雪体制が万全でも雪を甘く見たドライバーがスタックするから除雪できない状況を作って 負の連鎖が始まると考えます。
    スタッドレスタイヤも限界はあります。
    普通車もスタッドレスとタイヤチェーンの併用して自分がスタックして除雪の邪魔をしない、スタック渋滞にハマって積雪が増えた状況でも自力で脱出の可能性を高めると言った 行政が悪いとか人のせいにしない自衛策も教訓だと私は思います!

  9. 何か有れば、助けて貰えるのが、この状況を作る!

  10. この著者は何を言いたいのかな?関越道と北陸道は別物だし、今回の大雪は積もりすぎだが、北陸ではよくみかける景色だと思う。むしろ今までが降り無さすぎただけでは⁉️
    ただ、今回の大雪は3年前の大雪がいかされてないのが残念です。会社などが早めに判断して休み等の対策をすれば、まず道路を走る車が減ったと思う。
    何より、年々地域のつながりが減ったせいか、自分の家の周りの雪かきをする人が減った気がする。