パワーを使い切る面白さがある!? 100万円台の乗って楽しい車3選

近年、世界的に見てもクルマは大型化し、先進安全技術などの装備によって価格も上がっています。一方、数は少なくなっていますが、コンパクトかつ安価なモデルも存在。そこで、100万円台で手に入る、乗って楽しいモデルを3車種ピックアップして紹介します。

まだまだあった! 100万円台から買えるスポーティなクルマ

 近年、日本のみならず海外でもクルマは大型化し、先進安全技術などの導入によって価格も上昇傾向にあります。

決してハイパワーでなくても運転が楽しいクルマたち
決してハイパワーでなくても運転が楽しいクルマたち

 しかし、コンパクトかつ安価なクルマがなくなったわけではなく、数少ないですがホットなモデルも存在。

 そこで、100万円台で手に入るドライビングプレジャー満載のモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「マーチ NISMO S」

ニスモの手でスポーツマインドあふれるクルマに変貌した「マーチ NISMO S」
ニスモの手でスポーツマインドあふれるクルマに変貌した「マーチ NISMO S」

 日産「マーチ」は初代に「マーチ スーパーターボ」、先代では「マーチ 12SR」と高性能モデルがありましたが、現行モデルが発売された当初はスポーティなモデルは存在していませんでした。

 しかし、2013年に追加された「マーチ NISMO S」の登場により、待望のスポーティモデルが復活。

 マーチ NISMO Sには専用の1.5リッター自然吸気エンジンと5速MTが搭載され、最高出力は116馬力と決して高出力ではありませんが、1010kgと軽量なボディには十分なパワーで、軽快な走りを実現しています。

 また、日産車を知り尽くした技術集団であるニスモのテクノロジーによって、剛性アップされたシャシに専用チューニングされたサスペンション、専用にセッティングされたパワーステアリング、エアロパーツなどが装備されるなど、NISMOシリーズにふさわしい内容です。

 内装もスポーツシートや、本革とアルカンターラを組み合わせた小径ハンドルが採用され、スポーティさを演出。

 もちろん、ベースの「マーチ」と変わらない使い勝手のよいコンパクトカーですから、週末には走りを楽しみながら、日常の足としても最適です。

 マーチ NISMO Sの価格は187万6600円(消費税込、以下同様)です。なお、公式サイトではすでに生産調整がアナウンスされており、次期型は未定なため、新車でマーチ NISMO Sを手に入れたいならば事前の問合せが必須です。

●ルノー「トゥインゴS」

パワーを使い切る楽しさが味わえる「トゥインゴS」
パワーを使い切る楽しさが味わえる「トゥインゴS」

 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」は、かつてスポーティな「トゥインゴGT」をラインナップしていました。しかし、2019年には販売を終え、MTモデルの「トゥインゴ ZEN MT」も消滅。

 ところが、2020年2月にベーシックなグレードとして「トゥインゴS」が発売され、MTモデルが復活しました。

 ボディサイズは全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmと軽自動車よりひと回り大きいくらいのコンパクトさで、車重は950kgと軽量です。

 車体のリアに搭載されるエンジンは、1リッター直列3気筒自然吸気で最高出力は73馬力とローパワーですが、軽量な車体と5速MTを駆使した走りは、パワー以上のドライビングプレジャーが味わえます。

 また、クルーズコントロールやApple CarPlay/Android Autoと連携できるディスプレイオーディオ、緊急時ブレーキアシストを搭載するなど装備も充実。

 価格は179万円と、国産車と競合する戦略的な価格設定です。

【画像】ドライビングが面白いー! 安くて楽しいクルマを見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事