「昔は良かった?」 いまパッとしないモデルチェンジで失敗したクルマ4選

日々新しいモデルが発売されているクルマ。そんなクルマのなかには、一時はヒットを記録するほど売れたのに、現在ではいまいちパッとしないというクルマもあります。では、どのようなクルマがあるのでしょうか。4台をピックアップして紹介します。

なぜいまは人気無い? かつてのヒット車たち

 自動車メーカーがクルマのモデルチェンジを計画するとき、先代よりも多い販売台数を獲得するために開発・改良をおこなうのが一般的です。

 しかし、なかには先代モデルと比べて最新モデルでは販売台数が落ちてしまったクルマも存在します。

 そこで、昔は販売好調だったのに、いまはパッとしないクルマを4車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「エスティマ」

トヨタ「エスティマ」
トヨタ「エスティマ」

 トヨタ「エスティマ」は、1990年に発売された日本のミニバンを代表するクルマのひとつです。

「天才タマゴ」というキャッチコピーのとおり、丸みを帯びた未来的なスタイルと、平床化に成功したアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが、発売された当時話題となりました。

 2000年に発売された2代目エスティマは、ヒットとはならなかった初代の失敗を踏まえて改良をおこなった結果、発売年には12万台以上を売り上げ、新車販売台数で3位となる大ヒットとなりました。

 その後、2005年には3代目エスティマが登場します。

 しかし、徐々にミニバンの人気が下降傾向となり、ユーザーがSUV志向となっていったことで、売れ行きが思わしくなくなり、2018年の新車販売台数では1万台を切る9062台に。

 そのため、最近では販売終了も噂されています。

●ホンダ「オデッセイ」

ホンダ「オデッセイ」
ホンダ「オデッセイ」

 1994年に発売されたホンダ「オデッセイ」は、同社が「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」を謳うモデルの第1弾として発売されました。

 2009年にはホンダのミニバンとしては2車種目となる、国内累計販売台数100万台を記録します。

 その後3代目モデルでは、それまでもミニバンのなかでは低めだった全高をさらに引き下げ1550mmとし、機械式立体駐車場にも入庫可能なクルマとして登場。

 スポーティなデザインやミニバンらしからぬ高い運動性能が若者に受け入れられ、初代と同様にヒットしました。しかし、一部ユーザーからは車高の低さに対し不満の声が上がったのです。

 その後2008年に発売された4代目オデッセイも、3代目と同様のコンセプトで登場しましたが、ハイルーフタイプのミニバンの人気が高まってきたことや、先代と比べて新鮮みに欠けるデザインだったことから、オデッセイは徐々に人気が低迷していきました。

 5代目モデルの2018年の新車販売台数は1万6670台で、前年比80%となっています。

モデルチェンジは失敗? 人気車が不人気になったモデルを写真で見る(22枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント