マツダが11年ぶりに「ロータリー搭載車」復活! “小型SUV”どんな人が買う? 「全長4m級スポーツカー」にも反響あり

記事ページへ戻る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. “SUVもスポーツカーのバリエーションに入る“
    これは、まさしくその通りだ。
    しかし、この記事のタイトルで釣られる人達は大勢居るだろうな。
    ウチの啓介もこのサイトの釣りタイトルに騙されたらしい。
    なので、藤原拓海。お前も気をつけろよ。

  2. ヤリスクロスみたいな
    何の変哲もない下駄車がバカ売れする国
    とんがったコンパクトカーはいかがなものでしょうか
    mx30phevが売れるなら、少しは日本経済も上り調子ってことじゃないですかね

  3. サムネ詐欺。マイコニックが発売じゃねえのかw ロータリーEV MX-30はエエ車だぜ!絶対買いだな♪

  4. ロータリーエンジンで発電
    その電力でモーター駆動
    つまてことね…
    じゃぁロータリーエンジンの駆動力で走る気持ち良さはないってことだよね?

  5. 私の様な伝説の走り屋にはロータリーエンジンのできればミッドシップが必要だ。57歳派遣社員なので価格は200万代でよろ

    • 現行車種のライトウェイトミッドシップFRでマニュアルミッション車が乗り出し100万円台で買える。
      各社の軽トラ、軽箱バンで4WD、サスペンション強化仕様などバリエーションも豊かだ。
      君でも買える!君でも乗れる!
      高速道路もトップギアで全開で疾走できる!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー