買って損しない? 嶋田氏が運転して楽しかったクルマ「ベスト3」

乗り味がどこを切り取っても徹頭徹尾アウディだった「e-tron スポーツバック」
乗り味がどこを切り取っても徹頭徹尾アウディだった「e-tron スポーツバック」
乗り味がどこを切り取っても徹頭徹尾アウディだった「e-tron スポーツバック」
乗り味がどこを切り取っても徹頭徹尾アウディだった「e-tron スポーツバック」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
ただ転がしてるだけで背筋がゾクゾクするようなエンジンを積んだマセラティ「グラントゥーリズモMC」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
日常的に楽しめるこれからのスポーツカーの理想形かもしれないアバルト「595シリーズ」
2020年にドライブしたクルマのなかで、運転して楽しかったナンバーワンは、アバルト「595シリーズ」だ
内燃機関のクルマと電気自動車はまったく別の乗り物だと考えるべきだが、その考え方を一変させたアウディ「e-tron スポーツバック」
名機ティーポF136ユニットはもう味わえないと思うと、すこし寂しいマセラティ「グラントゥーリズモMC」
あり余るパワーにストレスを感じることなく気持ちよく走ることができるアバルト「595シリーズ」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント