「スープラ」をACシュニッツァーがチューニング! BMWチューナーがなぜ?

BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが手掛けた「GRスープラ」
BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが手掛けた「GRスープラ」
ホイールのカラーが違うだけで、印象がまったく変わる
ホイールのカラーが違うだけで、印象がまったく変わる
耐候性の高い樹脂素材を採用したフロントスプリッター
カーボン製のリアウイングを装着
トヨタのエンブレムとACシュニッツァーのロゴが配されたエンジンカバー
最近のACシュニッツァーがBMWでよく見せるボンネットの意匠
フロントスプリッター
レーシングカーボンリアウイング
テールパイプはカーボン製となるリアサイレンサー
ホイールは、タイプAC1「BiColor」
ホイールは、AC3フローフォーミング「anthracite」
オリジナルのドライブモード切り替えダイヤルカバー
おなじみのアルミ製ペダルセット
新旧スープラ
新旧スープラ
開発中のトヨタ「GRスープラ」by ACシュニッツァー
サーキットで開発中のトヨタ「GRスープラ」by ACシュニッツァー
サーキットで開発中のトヨタ「GRスープラ」by ACシュニッツァー
BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが手掛けた「GRスープラ」
BMWの名門チューナーであるACシュニッツァーが手掛けた「GRスープラ」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント