10台限定!! ブラバスがメルセデスAMG「GT 63S」をオバフェン族仕様にカスタマイズ!

メルセデス・ベンツのチューニングとカスタマイズを得意としているブラバスが、10台限定のスペシャルモデルを発表した。ベースとなったのは、メルセデスAMG「GT 63S 4MATIC+」。オバフェンをまとった「ロケット900」とは?

ブラバスがオバフェンを手掛けるとこれほどまでに美しい!

 メルセデス・チューニングの最大手、ブラバスから、またもや驚異的なニューモデルが誕生した。

最高出力900psがそのまま車名となった「ロケット900」
最高出力900psがそのまま車名となった「ロケット900」

 メルセデスAMG「GT 63S 4MATIC+」をベースに製作されたこの「ロケット900」は、40年以上にわたるブラバスが、その歴史のなかで築きあげてきた技術力のすべてが導入された、まさに究極の作品といったところである。

 同時に高性能なベース車を生み出すメルセデスAMGの存在を再確認させる1台であるともいえる。

 まず誰もがその迫力に視線を奪われるのは、前後のオーバーフェンダーだ。もちろんこれはただの装飾ではなく、フロントに295/30ZR21、リアに335/25ZR22サイズのタイヤと、それに組み合わさられる各々10.5J×21、12J×22インチ径のブラバス製「モノブロックZ・プラチナム・エディション」ホイールを収めるためだ。

 これらのパーツは軽量なCFRPで成型されており、結果そもそも1953mmだった全幅は、2068mmにまで拡大されることになった。

 その第一印象から、メルセデスAMGの作とは、まったく異なるオーラを感じるのも当然だ。

 前後のパートも、大きくその姿を変えている。フロントのバンパースポイラーは、エアインテークがさらに大型化され冷却性能を高めており、またサイドステップやリアウイング、リアデフューザーなどもブラバス・オリジナルのアイテムとなる。

 エンブレムなどアクセントとして使用される鮮やかなレッドも、エクステリアを引き締めるうえで大いに効果的な演出だ。

【画像】覆面パトカーに間違えられる!? ブラバスの最新作とは?(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント