「日産58台の衝撃」から1年 2020年内に韓国市場撤退 日産と韓国の関係はどう変化?

東南アジアや欧米で人気が高まっているキア「セルトス」
東南アジアや欧米で人気が高まっているキア「セルトス」
東南アジアや欧米で人気が高まっているヒュンダイ「ツーソン」
東南アジアや欧米で人気が高まっているヒュンダイ「ツーソン」
東南アジアや欧米で人気が高まっているヒュンダイ「ツーソン」
韓国市場で日産が販売している「エクストレイル」
韓国市場で日産が販売している「リーフ」
韓国市場で日産が販売している「アルティマ」
2019年3月28日に韓国で発表された日産「アルティマ」
韓国市場でインフィニティブランドで展開される「Q45(日本名シーマ)」(写真は日産・シーマ)
韓国市場でインフィニティブランドで展開される「M45/M35(日本名フーガ)」(写真は日産・フーガ)
韓国市場でインフィニティブランドで展開される「G35セダン(日本名スカライン)」(写真は日産・スカライン)
Veloster
VelosterTurbo
2019年に北米市場に投入されたヒュンダイの新型「Veloster Turbo」
Sonata
Kona
Kona(電気自動車)
Venue
Venue
Elantra
燃料電池(FCV)のNEXO
燃料電池(FCV)のNEXO
燃料電池(FCV)のNEXO
i30
ヒュンダイのコンセプトモデル
Venue
ヒュンダイのディーラー看板
ヒュンダイのロゴ

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. カルロス・ゴーン被告が金の亡者のせいで、日産の販売不評が行われてます。何故次期社長を選ばなかったか、僕にはとても良く分かりません。日産の倒産危機で、日産村山工場閉鎖(元プリンス自動車村山工場)、日産リバイバルプラン、バリューアップ、日本では、カルロス・ゴーン逮捕、西川社長辞退、日産のセダン人気の低迷、韓国日産撤退、カルロス・ゴーンレバノン逃亡、レバノン爆破事件等が発生されています。やっぱ日本では、日産のセダンが復活すれば良いのになァ~ッ!と僕は思います。本当に悔しィ~です。カルロス・ゴーン逮捕協力を宜しくお願い致します。もしカルロス・ゴーンがレバノンからトルコに行く場合、逮捕される可能性が高いと思われます。以上!