フルオプションで4000万円オーバー! ダラーラ・ストラダーレは究極のロードカーだった

ダラーラ・ストラダーレは東京モーターショー2019に出展された
巨大なGTウイングはオプション
ボディ下の整流も当然ながら考慮されている
サスペンションはグリップ力と快適性を最大限に活かせるようバランス良く設定されている
公道で走行できるように、法規に準じたヘッドライトも備わる。このあたりがサーキットスペシャルのアストンマーティン・ヴァルカンやフェラーリFXX-Kなどと異なる
オプションのガルウイング
100-0km/h制動距離は31m
ストラダーレという名の通り、一般公道を走行するための快適装備は備わる
シートは固定式となる
ヘッドライトやターンインジケーターなど、ステアリングホイール上のスイッチで操作
シート背面には、ヘルメットを収めることができるスペースが設けられている
スパルタンでありながら本皮シートとするなど、見た目のラグジュアリーさも考慮されている
エアコン関係のスイッチはセンターコンソールに
車載カメラも装備。サーキット走行を楽しむには欠かせないアイテム
内外装のマテリアルの見本。カーボンも艶ありなしから選ぶことができる
ボディパネルはフルカーボンだが、もちろんペイントすることも可能だ
ブレーキはブレンボ製
ダラーラがこの世に出した自身の名をつけた初のロードカーがダラーラ・ストラダーレだ
基本となるバルケッタスタイルで2200万円ほど。写真のようにほぼフルオプションにしても4000万円ほどという価格設定は、この種のスーパーカーとしてはお値打ちといってよい

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント