移動だけじゃない!EVで給電も節電も防災も

電気自動車(以下EV)は、走行時にCO2を排出しないだけではなく、さまざまなモノとつながって双方向に充電や電力供給をすることができる「移動可能な蓄電池」となるのはご存知でしょうか?また、自宅の太陽光パネルと組み合わせることで電気代を節約できたり、電力の需要が高まる時間帯にはEVから電力を供給したりと、EVは社会の進化にますます欠かせない存在になってきています。今回は、EVのまだまだ知られていない移動以外の可能性と、日産の取り組みについてご紹介します。

つながって広がる電気自動車の可能性と日産の取り組み

クルマをつなげて広げる!「V2X」とは?
クルマとさまざまなモノをつなげる技術やシステムなどを総称して「V2X( Vehicle to Everything )」といいます。V2Xとしてできることの一つが、双方向に充電や給電を行うことです。具体的には、クルマと家がつながるV2H(Vehicle to Home)、クルマとビルや事業所がつながるV2B(Vehicle to Building)、クルマと電力網がつながるV2G(Vehicle to Grid)などが含まれます。
EVと住宅をつなぐ
多くの方にとって一番身近なV2Xの例は、クルマと家をつなげるV2Hかもしれません。例えば、家族が職場や学校から帰宅する夕方、電力を多く消費するエアコンなどの電化製品を使う際は、EVから住宅へ給電します。そして、あまり電気を使わない夜間に、住宅の電源を使ってEVを充電します。電気代が割高な時間帯はバッテリーに蓄えられた電気でまかない、電気代が割安な時間帯にEVを充電するので、コストの節約にもなります。

EVと電力網をつなぐ
クルマと電力網をつなげば、電力需要のピーク時にEVから電力網へ給電し、電力需要の低い時に電力網からEVに充電することが可能となり、需要曲線の平準化ができます。クルマと電力網がつながることで、事業者の安定した電力供給をサポートすることも可能です。また、EVに蓄えた電力を事業者に販売する「売電」によって、例えばEV所有者はドライブ先での駐車場代をまかなうことも可能になるかもしれません。

蓄電池としてのEV
晴れた日に太陽光発電を行って、余剰電力が生まれた場合は、その電力をEVのバッテリーに溜めておくことができます。この蓄電池としてのEVの機能は、「動く蓄電池」として自然災害や停電の際にも活躍し、消防や警察などが行う緊急対応の活動支援にもつながります。

その他、日産が世界各地で行っている取り組みはこちらからご覧ください:
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/nissan-works-to-power-v2x

★「日産ストーリーズ」とは?
日産の人、商品、技術が生み出すワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介するメディアです。

9
2
1
2
3
2

画像ギャラリー