日産がマクラーレンにフォーミュラEの Gen3パワートレインを供給

日産とマクラーレン・レーシングは、ABB FIAフォーミュラE世界選手権における技術パートナーシップを発表しました。日産は同社製のパワートレインを、シーズン9(2022~23年)からマクラーレン・レーシングへ供給します。

英国の名門チームであるマクラーレン・レーシングは、Gen3マシンが導入されるシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表しています。本パートナーシップにより、同チームにはGen3マシンが使用される期間を通じて、日産のEVパワートレインが供給されます。

また、日産は今年の4月にe.damsチームの買収を発表し、フォーミュラEの活動をさらに強化しています。日産とマクラーレンは今後、最もチャレンジングで、高度な技術を要するレースの一つであるフォーミュラEに、緊密に連携しながら挑んでいきます。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザック ブラウンは、次のように述べました。
「フォーミュラEに初めて参戦するマクラーレンは、チームを編成するにあたり、あらゆる面で最高のパートナーを探していました。中でも技術は大切な要素の一つでしたが、日産は過去4シーズンにわたって献身的にレースに取り組み、その知見と技術を証明してきました。今後、Gen3マシンが導入されるにあたり、このコラボレーションは両者に多くの成功をもたらすと確信しています。両チームのパフォーマンスを向上させ、日産のフォーミュラE用パワートレイン技術の開発を強力に推進することになるでしょう」

日産の最高執行責任者であるアシュワニ グプタは「日産とマクラーレン・レーシングとのパートナーシップは、様々なコラボレーションとノウハウの共有を強力に推進するものとなるでしょう。日産とマクラーレンに共通するのは、パイオニア精神とイノベーションを貪欲に追求する姿勢です。日産がフォーミュラEに参戦し、クルマの電動化を推進していく上で、マクラーレンは理想的なパートナーであると考えています」と述べました。

発表内容の詳細はこちら:
https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/220623-01-j

7
2
0
0
0
1

画像ギャラリー