アストンマーティンの自動車カタログ

アストンマーティン

アストンマーティン

アストンマーティンはイギリスを代表する高級スポーツカーメーカーブランドで、映画「007」で度々ボンドカーに起用されていることでも有名です。1913年に設立されたバムフォード・アンド・マーティンを起源とし、度重なる倒産で不安定な経営状態の中WW2下では軍需品製造で存続し、1947年デイヴィッド・ブラウンの傘下に入りました。これにより資金調達が進んだ事を受け、同年から耐久レースへ復帰。1959年のル・マン24時間レースでは「DBR1」が強豪を退けて総合優勝を飾り、黄金期と呼ばれる活躍を残しました。

その後経営不振によりフォードなど多くの自動車メーカーへと売却されるも、2012年にはイタリアのインベスティンダストリアルが37.5%の株式を取得。2013年にはドイツのダイムラーとの提携を発表しました。モータースポーツでは2017年のル・マン24時間レースの最終コーナーで「シボレー・コルベット」を抜き、逆転でのクラス優勝を果たす活躍を見せています。

アストンマーティンの車種一覧

アストンマーティンの車種一覧

コンパクトカー

クーペ・オープン

400万円~500万円

1500万円~1600万円

1600万円~1700万円

1800万円~1900万円

2000万円~2100万円

2100万円~2200万円

2200万円~2300万円

2300万円~2400万円

3100万円~3200万円

英数

ア行

サ行

ラ行

アストンマーティンの記事

もっと読む 閉じる