「日産サクラ」メタバースに現る!クルマと人の新たな接点へ

クルマとの最初の出会いは、親が乗っていた、テレビCMを見た、自動車会社が近くにあった、という方も多いでしょう。日産の社長である内田は、子供のころに「サーキットの狼」という漫画に出会い、その中でさまざまなスポーツカーが登場するシーンを「かっこいい!」と感じたことが、クルマ好きになったきっかけだったそう。しかし、これからは従来とは異なる、思いもよらぬ方法でクルマを知る人が増えるかもしれません。その一つに、バーチャルリアリティ(VR=仮想現実)があります。

VR体験を経て、「サクラ」を購入された方も

2021年の初めに、日本事業広報渉外部の鵜飼 春菜は、あるインフルエンサーの紹介でVR用のソーシャルプラットフォーム「VRChat (VRChat Inc.によって運営されているソーシャルVRプラットフォーム)」に出会いました。VRとソーシャルメディアを組み合わせたVRChatで、世界中の人とコミュニケーションを楽しむことができると知った彼女は、バーチャル見本市の開催にあわせ、メタバース(ほかのユーザーと交流可能な仮想空間)上で日産車をPRしてみませんか?と誘いを受けたのです。

「ちょうど私たちも、VRで何かやりたいと話していたところでした。ただ、どこから始めたらいいのかが分からなくて。ですから、バーチャル見本市のお話をいただいたとき、良いチャンスなので、まずはやってみようと決めました。」(鵜飼)

鵜飼のチームはこれをきっかけに、VRの知見を深めていきました。どんな人たちが参加しているのか、どのように日産の商品を楽しんでいるのか、日産にとってどのようなインパクトがあるのか。そして、検証の結果、VRを使ったさらなる施策に取り組むことにしました。

「ただ流行っているからやるのではなく、きちんと検証して、日産として価値のあることは何かを確認した上で、VRへの参入を決めたのです。」

2021年11月、日産はバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」をVRChat上にオープンします。銀座にあるNISSAN CROSSINGをメタバース上で再現し、「日産アリアとめぐる環境ツアー」など、バーチャルイベントを継続的に開催しました。

2022年5月20日には、日産の新しい軽の電気自動車(EV)である「日産サクラ」がリアルとメタバース上で発表されました。リアルな世界での発表会に加え、VRの世界でも「日産サクラ」がお披露目されたのです。そして同日、バーチャル試乗ワールド「NISSAN SAKURA Driving Island」もオープン。VRゴーグルを持っていれば、いつでも、世界のどこからでも参加できるメタバース上の試乗会です。

この試乗会では、免許証を持っていなくても、「日産サクラ」を運転できます。ちょっとクルマを見てみたい、クルマに乗って車内で遊んでみたいというお客さまも参加できます。そして、実店舗への来店は躊躇してしまうというお客さまも、メタバース上であれば、気軽にお店に立ち寄ることができるのです。(実店舗でも、見るだけ触るだけのご来店も心よりお待ちしております。)

気になるサクラのVR試乗体験については、こちらの「日産ストーリーズ」リンクから:
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/nissan-goes-virtual-with-the-sakura

★「日産ストーリーズ」では、その他にも日産のワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介しています。

2
0
0
0
0
0

画像ギャラリー