そうだ、「クルマ」を撮ろう。

クルマの写真をもっと魅力的に撮りたいと思ったことはありませんか?
プロのフォトグラファー望月浩彦さんに、撮るアングル、色、光、レンズの選び方など、過去30年に渡るクルマの写真撮影のご経験からのコツをお聞きしました。

プロの写真家が教える極意

望月 浩彦さんは、クルマの写真を30年間撮り続けているプロの写真家です。日本全国のさまざまな撮影スタジオやロケ地において、あらゆる天候の中、クルマの撮影を行っています。年間150件もの撮影をこなす望月さん曰く、これまでのキャリアにおいて撮影した自動車関連の写真は数千枚にのぼるそうです。

望月さんの自動車写真への情熱は、なにがきっかけだったのでしょう。
「そもそもクルマにも写真にもあまり興味がありませんでしたが、学生時代にたまたま自動車関連の出版社でアルバイトをしていました」と望月さんは話します。
「そこで小川 義文さんと出会い、自動車写真の魅力を知ることになったのです。」

師である小川さんは、雑誌、広告などの自動車撮影を数多く手がける第一人者であり、クルマへの造詣の深さ、鋭い感性、撮影時の気迫にとても刺激を受けたと言います。それらは今、望月さん自身にも引き継がれています。

現在はスマートフォンのカメラ性能も飛躍的に向上し、日常的に写真を撮る方も多いはず。そして「ちょっとした工夫でもっと素敵な写真に仕上げることができます」という望月さん。
今回は誰でも真似できるクルマ撮影のコツを聞いてみました。

1) ポジショニング

・クルマの美しい曲線を捉えるために、撮影場所は周囲に何もない開放的な場所を選びましょう。一般的には、サイドとフロントが7:3の構図がベストと言われています。
・スポーツカーは車高が少し低いので、フロントライトの高さから撮影すると良いショットが撮れることが多いです。
・低い角度から撮影すると、迫力のある写真が撮れます。車体側面のキャラクターラインが写り込むようなアングルと光の加減を見つけることができれば、そのクルマの個性が伝わる写真が撮れます。

クルマを撮るコツはまだまだ続きます。こちらのリンクからお楽しみください:
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/how-to-car-photo-tips

★「日産ストーリーズ」では、その他にも日産のワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介しています。

9
0
1
0
1
1

画像ギャラリー