ハイウェイホテルって知ってる!? 車中泊より断然快適「高速道路の宿泊施設 5選」

これからの時期は、帰省や旅行など出かける人が多くなります。意外と知らない「高速道路の宿泊施設 5選」を紹介します。

賢いハイウェイホテルの利用方法とは?

 この時期は、夏休みの計画を検討している人も多いかと思われます。観光やレジャー、お盆の帰省などクルマで長時間の運転をする機会が多くなるでしょう。実はお得な料金で快適に泊まれる施設が高速道路上にあります。高速道路を降りることなく、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)内にあるハイウェイホテルを紹介します。

ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA店(写真提供:NEXCO東日本)

 ハイウェイホテルとは、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアの敷地内にある宿泊施設です。高速道路を降りることなく宿泊できるメリットがあり、ハイシーズンなどでは、目的地の宿泊料より安くすむ可能性もあります。

 通常の宿泊施設と違い、基本的にはレストランのような食事をする場所はありません。そのかわり、サービスエリアの飲食店で食事を取ることができます。
 
 実際に、サービスエリアやパーキングエリアの敷地内にあるハイウェイホテルは、全国に5箇所です。北は栃木県佐野市、南は山口県下関市に存在します。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。
 

<ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA店>

 ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA店は、東北自動車道の佐野サービスエリア(上下線)内にある宿泊施設です。運営は、アメリカンスタイルな宿泊施設をチェーン展開している株式会社旅籠屋がおこなっています。佐野サービスエリアの周辺には、「佐野厄よけ大師」や「佐野プレミアムアウトレット」などのスポットがあります。

「部屋のタイプ・料金(消費税抜き)」
シングル:5000円/室(1名の場合)
※利用料金は、シーズンや人数によって異なります。

<レストイン時之栖(ときのすみか)>

 レストイン時之栖(ときのすみか)は、東名高速道路の足柄サービスエリア(上り線)内にある宿泊施設です。静岡県内で観光施設や宿泊施設を展開している時之栖グループがおこなっています。足柄サービスエリアの周辺には、国際的に有名なサーキット「富士スピードウェイ」や「御殿場プレミアムアウトレット」などがあります。

「部屋のタイプ・料金(消費税込み)」
シングル:5800円/名
ツイン:5200円/名
バリアフリー トリプル:5200円(2名1室)/4600円(3名1室)
和室(6畳+4畳):5600円(2名1室)/4800円(3名1室)/4300円(4名1室)/4000円(5名1室)
※GW、お盆、年末年始などは料金が異なることがあります。

様々なテーマ施設もある高速道路のSA・PA

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事