三輪ならではの安心感 車体を傾けてスポーティに曲がる! ヤマハ「トリシティ155/125」

ヤマハ発動機のフロント2輪スリーホイーラー「トリシティ」は、最新のテクノロジーを駆使し滑りやすい路面状況であっても安心感を与えられ尚且つ軽快なライディングフィールも味わえます。

フロント2輪は絶大な安心感をもたらす

 フロント2輪のスリーホイーラー「トリシティ」には、無限大の可能性を感じます。まず、後輪が2つあるトライクと決定的に違うのは、コーナリングの際に車体をモーターサイクルのように傾けて曲がることです。

トリシティに採用されている「LMWテクノロジー」は安心で快適な乗り心地提供

 そして滑りやすい路面状況であっても、フロントからスリップダウンしないという大きな安心感があります。

 ヤマハの「LMWテクノロジー」=Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)は、「パラレログラムリンク」とフロントホイールの内側に片側2本ずつのフォークを持つ「片持ちテレスコピックサスペンション」からなり、右へ左へと体を車体と一緒に傾ければ自然と車体が寝ていく、オートバイのような軽快なライディングフィール(乗り心地)が味わえます。

 ステアリング軸に支点を置く「パラレログラムリンク」は2本のシーソーのように並行して動き、左右端がそれぞれフォークユニットを懸架するステムにつながり、さらに左右両輪を車体内側で片持ちで支えるタンデムフォークへ連動して動く仕組みです。

 片輪だけが大きな段差を乗り上げたときは、2本のフロントフォークがストロークし衝撃を吸収しますが、ホイールも「パラレログラムリンク」の端を押し上げ、シーソーの力でもう片方の車輪を路面に押しつけバランスを保ちます。

 その安定感と安心感は絶大で、旋回時にたとえスタンドが路面を擦るほど車体を深く倒し込んでも、3つのタイヤは決してグリップを失いづらく、マンホールや大きな段差を乗り越えても車体は落ち着いていてくれるのです。

この記事の画像をもっと見る(16枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

最新記事