ヤマハ、2018年モデル「トレーサー900 ABS」を発売 上級仕様の「トレーサー900 GT ABS」も追加設定

ヤマハ発動機は、「TRACER900 ABS」をマイナーチェンジし、4月20日より発売し、上級モデル「TRACER900 GT ABS」を追加設定し、6月15日より発売します。

ロングツーリングを快適に楽しめる装備を採用

 ヤマハ発動機は、水冷直列3気筒845ccエンジンを搭載したスポーツツーリングモデル「MT-09 TRACER ABS」をマイナーチェンジし、4月20日より「TRACER900 ABS」を発売します。

 また、上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「TRACER900 GT ABS」を追加設定し、6月15日より発売します。

「TRACER900 GT ABS」

 マイナーチェンジを行った「TRACER900 ABS」は、“Two Sides of the Same Coin: Sports and Travel”を開発コンセプトに、高いスポーツ性はそのままに、より快適な乗り心地とツーリング機能の強化を行いました。

「TRACER900 ABS」の特徴は、高速走行などでライダーへの風の影響を抑える新型フロントスクリーンや、機敏な走行を支える新設計ハンドルバーなどを装備し、乗車姿勢を調整可能な新しい前後シートも設定しています。

 タンデムシートは、デザイン性に優れた頑丈で握りやすいグラブバーを備えるなどロングツーリングの快適性に加え、上質なエクステリアも実現しています。

「TRACER900 ABS」の装備

「TRACER900 ABS」の希望小売価格は、111万2400円(消費税込み)です。

 上級バリエーション「TRACER900 GT ABS」は、標準モデルをベースに、サスペンション性能の向上および調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークや、様々な情報を表示するフルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイ、長距離走行の疲労を軽減し快適な運転を支援するクルーズコントロールシステムを採用するなど、スポーツツーリング性能の充実を図っています。

「TRACER900 GT ABS」の希望小売価格は、119万8800円(消費税込み)です。
なお、年間国内販売計画台数は、シリーズ合計1000台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事