• くるまのニュース
  • ニュース
  • 2018「MT-09」シリーズを発売 高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP ABS」を設定 ヤマハ発動機

2018「MT-09」シリーズを発売 高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP ABS」を設定 ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、スタンダードモデル「MT-09 ABS」のカラーリングの変更を行い、上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し、3月20日より発売します。

乗り心地を向上させた上級仕様車も設定

 ヤマハ発動機は、オンオフロードを走行するスーパーモタードとネイキッドの要素を組み合わせた“異種混合”スタイルに水冷直列3気筒845ccエンジンを搭載した「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し、3月20日より発売します。また、スタンダードモデル「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、同日より発売します。

左:「MT-09 ABS」右:「MT-09 SP ABS」

「MT-09 SP ABS」は、スタンダードモデルをベースに高い次元の走りと、クラスを超えた質感を実現しました。

「MT-09 SP ABS」の特徴は、スーパースポーツモデル並みの乗り心地を実現したスペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションやフロントとリアのバランスを取りながら、各種設定や調整を可能としたオーリンズ製フルアジャスタブルリアサスペンションなどを装備しています。

「MT-09 ABS」は、塗り分け塗装などにより、上位モデル「MT-10 SP ABS」とリレーションすることで上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用としました。

「MT-09 SP ABS」の装備

「MT-09 SP ABS」のメーカー希望小売価格は、111万2400円(消費税込み)です。「MT-09 ABS」のメーカー希望小売価格(消費税込み)は、100万4400円です。

「MT-09 ABS」は、カラーリングコンセプトをより強調した新色2色を含む3色設定です。設定された新色は、ブラックエリアを拡大し、シリアスな印象の「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」、イエローのアクセントカラーを拡大し、軽快な印象とした「マットグレーメタリック3(マットグレー)」です。

 なお、国内年間販売計画台数は、シリーズ合計1200台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事