全長2.6m!? めちゃ小さいマツダ「ミニ・ロードスター」が凄い! 屋根なし“常時フルオープン”の斬新すぎる「ND型」正体は?

2023年10月に開催された「ジャパンモビリティショー2023」では、ミニサイズのマツダ「ロードスター」が展示されました。一体どのようなものなのでしょうか。

えっ… 小さい!? 2/3スケールの「ミニ・ロードスター」何のため?

 マツダ「ロードスター」はライトウェイトスポーツカーを代表するモデルです。
 
 1989年に初代モデル(ユーノスロードスター/NA型)がデビュー。「人馬一体」のコンセプトのもと、軽量かつオープンエアをFR(後輪駆動)で楽しめるモデルとして、30年以上、4世代にわたって販売されて、世界中の多くのファンに愛されています。

めちゃ小さい「ロードスター2/3スケール」
めちゃ小さい「ロードスター2/3スケール」

 現行の4代目(ND型)は2015年5月に発売。マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」デザインを採用した精悍なスタイルが特徴で、2016年11月には、電動格納ハードトップ付きの「ロードスターRF」が追加されました。

 また、2024年1月にはビッグマイナーチェンジがおこなわれ、内外装デザインの変更や走行性能の向上など、さまざまな箇所をアップデートしています。

 そんなロードスターですが、2023年10月に開催された「ジャパンモビリティショー2023」で、マツダは通常より小さいロードスターを出展しました。

 このモデルは「ロードスター2/3スケール」といい、名前のとおり現行ロードスターを3分の2にダウンサイズしたもの。

 通常のロードスターのボディサイズは全長3915mm×全幅1735mm×全高1235mmなので、ロードスター2/3スケールは全長2610mm×全幅1156×全高823mmほどに小型化されているのです。

 ボディやシート、ホイールなどのほとんどが3分の2の大きさで忠実に再現。ただし、ハンドルは通常のロードスターのものが組み込まれました。

 隣に立つ人と比べると、ロードスター2/3スケールがいかに小さいかがわかるでしょう。

 このロードスターは子ども用のアトラクションとして製作されたもので、「ミニサイズのロードスターに乗ったお子さまに『クルマって楽しいな』『早く免許を取って運転してみたいな』と感じてもらえるよう、走る楽しさを疑似体験できるものとなっています」とマツダは説明しています。

 子どもが運転席に乗り込み、アクセルを踏み込むと、前から風が吹き出してくる仕組みが採用され、前方に設置された大きなディスプレイに映る風景と合わせて、「動くことへの感動」を味わえる工夫が施されていました。

 また、本物のような運転体感できるよう、アクセルペダルを踏んだ時の感覚は通常のロードスターと同じ強さになっているといいます。ハンドルに実際のものを使用しているのも、“本物感”を演出するためです。

 なお、ロードスター2/3スケールに屋根はなく、常時にフルオープンとなっています。ドアは開かないため、運転席に座る際はドアをまたいで乗り込みます。

※ ※ ※

 ジャパンモビリティショー2023では、多くの子どもがロードスター2/3スケールに乗り込み、運転している感覚を楽しんでいました。

 斬新すぎるロードスターはSNSなどで大きな反響を呼び、実際に会場を訪れたという人からは「見てるだけで楽しい」「目がバグる!」「めちゃ精巧でビックリした」など、あまりにも忠実な出来栄えに驚く人がいたようです。

 また「子どもだけが楽しめるのはズルい!」「乗ってみたかった」など、大人も体験したいといった声も見受けられました。

【画像】カッコいい! これが小さすぎる「“ミニ”ロードスター」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー