ホンダが新型「4人乗り・快適ミニバン」発売! 後席独立“キャプテンシート”採用!? 斬新フリード、264万円から

2024年6月28日に新型「フリード」が発売されましたが、「4人乗り仕様(e:HEV AIR Biz)」も設定されています。

4人乗りのコンパクトミニバン! ホンダ「フリード」発売!

 ホンダは2024年6月28日に新型「フリード」を発売しました。

 新たに「AIR」「CROSSTAR」という2タイプを設定しますが、実はそれとは別に「4人乗り仕様」も設定されています。

え? 新型「フリード」に4人乗り仕様!? どんなクルマなの?
え? 新型「フリード」に4人乗り仕様!? どんなクルマなの?

 ホンダの日本市場では、コンパクトのフリード、ミドルサイズの「ステップワゴン」、ラージサイズの「オデッセイ」などのミニバンをラインナップしています。

 今回、フリードは3代目へとフルモデルチェンジ。グランドコンセプトを「“Smile” Just Right Mover(“スマイル” ジャスト ライト ムーバー)」として開発されました。

 デザインは、上質で洗練されたシンプルなデザインの「AIR(エアー)」、力強く遊び心に溢れるデザインの「CROSSTAR(クロスター)」の2タイプを設定。

 エアーのエクステリアは、クルマ全体をシンプルな造形かつ上質なデザインとするとともに、信頼感とクルマとしての使い勝手の良さを感じさせるスタイリングを目指しました。

 クロスターは、フリードエアーで作り上げた信頼感のあるデザインをベースに、専用のブラックのフロントバンパーやホイールアーチプロテクター、サイドシルガーニッシュ、さらに高輝度シルバーの専用フロントグリル、リアロアガーニッシュ、ルーフレールなどを装着。

 インテリアは、使う人がゆったりとした気持ちになれる空間を目指しており、センターパネルは、運転に関する操作スイッチと空調などのスイッチを左右でゾーニングして配置することで、運転時も直感的にスイッチ類を操作できるようにしています。

 また3列目シートは、座り心地の良さはそのままに、シート構造部の軽量化と薄型化を実現。荷室への張り出し量を最小限とし、畳んだ際のシート間の距離を現行より約160mm拡大するなど荷室の使いやすさと自由度がより向上しています。

 なおエアーは3列シートのみで6人乗り/7人乗りを設定。クロスターは2列シートの5人乗り、3列シートの6人乗り/7人乗りをラインナップ。

 またクロスターにはスロープ仕様とリフトアップシート仕様も用意されています。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン車と1.5リッターエンジン+2モーターのハイブリッド車となり、どちらも2WDと4WDを用意。

 そんなフリードの価格は250万8000円から343万7500円です。

 一方で法人向けにビジネス仕様も用意されています。

 エアーのハイブリッド車(e:HEV AIR Biz)をベースにしたタイプで、見た目はエアーと大きく変わりません。

 ただし、ビジネス仕様となることからボディカラーは、ルナシルバー・メタリックとプラチナホワイト・パールの2色。インテリアカラーもグレージュ(ファブリック)のみです。

 特徴としては、後席には独立したアームレスト付きのキャプテンシートを用意し、標準仕様とは異なる4人乗り仕様です。

 そのため荷室も広くなっており、荷室高1255mm×荷室幅920mm×荷室長1320mmを実現。

 また標準仕様と同じく、インパネボックスや収納式ドリンクホルダー、大型ドアポケット、ロールサンシェードを備えています。

 価格は264万5500円(2WD)、287万6500円(4WD)です。

【画像】カッコいい! これが「4人乗ミニバン」 画像を見る!(51枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

26件のコメント

  1. こういうのもあるのか!
    普通にエントリーグレードとして出しても良いんじゃない?

  2. 4人乗り仕様とても良い
    一般個人が購入できるのか販売店に取材して調査してきてください、くるまのニュース編集部さん。

  3. 荷室広くて便利!
    運転席から荷室までウォークスルーできるところが良い!

  4. AIR EX をベースにした4人乗り仕様を乗用グレードに新設定してほしい。
    リアクーラーと後席USBポート、キャプテンシートで2列目の快適さと荷室の広さを兼ね備えた仕様になりそうだ。

  5. 新型の法人向け仕様はハイブリッドで4人乗りではあるが、車両本体価格が先代フリードプラスハイブリッドとほぼ同じだ
    もし個人でも購入できるならぜひ購入したい

  6. 3列目シートが無いから、2列目シートを後ろにスライドして大きくリクライニングできる!
    快適に4人乗れて荷室も広いスライドドア車を探していたからこれすごく良い!!

  7. 前席と後席がウォークスルーできるから、前席から荷室までの長さを最大限に使えそう!
    釣り竿や日曜大工に使う木材とか、長いものを積みやすい!

    • 後ろの荷室を最大限と言うが
      フリード、シエンタともサイドの出っ張りはなんとかならないのかね
      強度的に必要なのかね
      本当に邪魔してる

    • 確かに!
      前席と後席のウォークスルー部分が空いているから、そこに長いものを置くことができる!

  8. 「4人乗り」仕様!カッコいい!

  9. 6人乗りよりもこっちのほうが良かったな

  10. ホンダフリード全てシエンタのパクリ
    絶対買わない
    この意見に賛同される方多くあると思う

    • ないね
      ちゃんと比べてみると、同じ3列シートコンパクトミニバンとしては方向性がほとんど違う車。デザインや機能、比較して購入したユーザーは違いを見て選んでる
      あと、シエンタ自体モビリオを参考にしているところもあるから、シエンタ自体がパクりとも言える
      モビリオがモデルチェンジせず、フリードと言う別モデルで出したのは、シエンタとは別のアプローチが必要だった為

    • 大ヒットしたフィットをベースにしたモビリオが当たったので、対抗で初代シエンタを出したが、一度廃盤にして後継をヒンジドアのパッソセッテにしたら市場の評価が散々だったので、慌てて初代シエンタを再登板したのがトヨタ。
      シエンタとの差別化を図る為にフリードにしたらホンダのジンクスを乗り切る大ヒットモデルとなり長命モデルに。トヨタの次の打ち手は果たして。

  11. 4人乗り仕様、キャプテンシートでサンシェードもあって後ろにスライドすれば足元広くて快適だ
    3列目がなくて干渉しないから、4人乗り仕様のキャプテンシートは3列仕様のキャプテンシート以上にリクライニングできそう?

    • 4人乗り買いたい
      一般人が購入できるのかくるまのニュースさん調べてください

  12. 4人乗り仕様がある!?
    座席の間のスペースも使えばスキー、スノーボードを積みやすそう

  13. 4人乗りはビジネス仕様で法人向けだけど、個人でも購入できるのかな?

  14. 4人乗りのビジネス仕様、4WDもある!!

  15. 5ナンバーサイズの車体で、大人4人が快適に乗れて、ゴルフバッグが楽に4つ積めること。
    そして荷物を積む時は大容量であること。
    モビリオスパイク4WD15年のユーザーです。こういう形を待っていました。
    子どもがいなくなった初老の夫婦のファミリーカーとしてオットマン等の快適装備を満載して発売してほしい。

  16. 一般個人も買えると良いと思う、法人向けビジネス仕様

  17. 良い情報を知った!
    AIR Bizは快適性と荷室の広さを持ち合わせていて良いですね〜

  18. AIR Bizというグレードがあるとは!
    AIR Bizは5ナンバー登録になるのかな?
    もっと詳細を知りたいのでさらに調査をお願いします、くるまのニュースさん!

  19. ビジネス仕様の2列目はシートスライドできるようなので快適に座れそう!

  20. リアクーラーかサーキュレーターがもし備われば、ビジネス仕様のAIR Bizは後席に座る人がすごく快適になりそう

  21. 低床だから荷室に荷物を出し入れしやすくて良いですね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー